クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フィアット500S(FF/5MT)

気になる存在ではあるけれど 2015.06.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。

思い出されるすれ違いの日々

「買いたい! でも買えない……」
今までにフィアット500を目にして、何度その言葉を口にしたことでしょう。

初めて出会ったのは、2007年にこのクルマが登場した頃。こぶりで愛らしいフォルムやオシャレなインテリアは、イタリア車らしい強い個性を放っていました。においこそ新車だけれど、各部に旧車でしか味わったことのないレトロな雰囲気があって、窓ごしに見える景色がセピア色に染まって見えるように感じたんですよね。

ところが実際に運転をしてみると、ノスタルジックな気持ちに浸ってばかりはいられなかった。ボディーや足まわりの頼りなさ、デュアロジックのギクシャクした操作感という点など不安要素が多く、自分の相棒にしようという気持ちにまではなれなかったのです。

本気で「欲しい!」と思ったのは、それから4年たった2011年のこと。2気筒エンジン「ツインエア」が搭載されたフィアット500は、初期のダメっぽさが懐かしく思い出されるほど、しっかり者の超個性派に進化。ドコドコという独特な音とシートから伝わってくる振動にすっかり心まで揺さぶられてしまいました。草ぼうぼうの荒野のなかを走っているみたいなロマンあふれる走りで、それはそれは、深みのあるイイ感じのクルマに成長していました。

ところが、私はといえば半年前に出産したばかり。後席にはチャイルドシートを載せなくてはならないし、今後増えていくであろう荷物対策も考えなければならず。
もちろんフィアット500は4人乗りだし、後席にチャイルドシートを載せることだってできます。でも、クルマで出掛けるたびに、小さな子供を抱きかかえながら助手席を前に倒し、子供をシートに乗せる面倒くささを考えると、腰痛持ちにはハードルが高かった。スペース的にも少々無理があるように思えてしまって。

本国でのデビューは2007年7月と、今年でモデルライフ8年目を迎えた「フィアット500」。日本では2008年3月に発売された。
本国でのデビューは2007年7月と、今年でモデルライフ8年目を迎えた「フィアット500」。日本では2008年3月に発売された。 拡大
マニュアルトランスミッションを搭載した「500S」のインテリア。内装色には、ブルー/ブラック、レッド/ブラックの、2種類のツートンカラーが用意される。
マニュアルトランスミッションを搭載した「500S」のインテリア。内装色には、ブルー/ブラック、レッド/ブラックの、2種類のツートンカラーが用意される。 拡大
「500S」専用デザインのファブリックシート。背もたれには「500S」のロゴが刺しゅうされている。
「500S」専用デザインのファブリックシート。背もたれには「500S」のロゴが刺しゅうされている。 拡大
リアシートは5:5の分割可倒式。
リアシートは5:5の分割可倒式。 拡大

意のままに操れるMT車の素晴らしさ

そんなわけで、フィアット500のことはすっぱりとあきらめて1年がたったころ、エアコン故障で入退院を繰り返していた「アルファ145」にお別れをして、フランス生まれのコンパクトカー「シトロエンC3」を中古で購入。コンパクトカーながら室内はそこそこ広いし、「ゼニスウィンドウ」という広大なグラスエリアで乗員の気分を明るくしてくれる。フランスの、しかもAT車を迎えたのは初めてでしたが、走りは軽快だし、乗り心地は抜群にいい。仕事柄いろいろなクルマに乗る機会も多いんですが、4年たった今でも「ウチのC3は乗り心地最高!」と感じてしまうんですよ。そういうのって親バカ、いやオーナーバカっていうんでしょうか。

話がそれてしまいましたが、あらためまして、フィアット500Sです。初めて会ったころから何度も私の心を揺さぶってきたあのイタ車クンの、5段マニュアルトランスミッション版ですよね。SPORTSの頭文字である「S」をモデル名に与えてはいますが、外観と内装、そして5MTを載せたことが違うだけで、それ以外は変わりません。ずっと乗ってみたかったんですよね。デュアロジック(5段シングルクラッチ式AT)ではなく、MTを載せたらもっと面白いクルマになるはず、と思っていたので。

その予想はズバリ的中しました。アクセルペダルの操作感はやわらかめ。ボディーはしっかり系だけど足元はまったくガツガツしたところのない癒やし系です。エンジン音がうなるのを聞きながらシフトアップしていくと、思いのほかスムーズな操作感に感動。意のままに操れるMT車ってやっぱり最高に楽しいんです。ターボエンジンならではのスムーズで元気な加速も、このクルマにピッタリです。

内外装の各所に施されている「500」のロゴ。
内外装の各所に施されている「500」のロゴ。 拡大
「500S」のタイヤサイズは185/55R15。専用デザインの15インチアロイホイールが組み合わされる。
「500S」のタイヤサイズは185/55R15。専用デザインの15インチアロイホイールが組み合わされる。 拡大
5段マニュアルトランスミッションのシフトノブ。
5段マニュアルトランスミッションのシフトノブ。 拡大
「500S」の燃費性能は26.6km/リッターと、「デュアロジック」搭載車の24.0km/リッターを上回っている(ともにJC08モード計測値)。
「500S」の燃費性能は26.6km/リッターと、「デュアロジック」搭載車の24.0km/リッターを上回っている(ともにJC08モード計測値)。 拡大

他のクルマの個性が薄れていく中で

エコスイッチを切ってスポーツモードに。これまで抑えていたパワーがふわ~っと外へ飛び出すようにあふれ、脱力感にも似た解放感に包まれます。初めてハンドルを握ったころの貧弱な走りから考えると、ものすごくしっかり走れるようになっている。かといってドイツ車のような完璧過ぎるほどの安定感があるわけじゃない。ほんの少し危うさを残したヌケ感のある走りだからこそ、リゾート気分も味わえる。

風切り音はシトロエンC3と比べたら大きいし、ロードノイズも加わって車内に音がこもる感じはあるものの、「だから何よ?」 ツインエアエンジンが出たばかりの頃と比べると、ドコドコという音と振動はかなり抑えられていると感じますが、それも正常進化なんでしょう。個人的には少し薄味になったな、という印象ですが、それを差し引いても、ほかのクルマたちがどんどん無味無臭になっていくなかで、強烈な個性を持ったクルマであることに違いはありません。

「欲しいな~!」と思いました。息子のチャイルドシートはもうすぐジュニアシートに買い換える予定だし、チャイルドシートほどスペースはとりませんしね。
でも、自転車も載せたいし、キャンプにも行きたい。「やっぱり買えないか……」 
もう、最初の出会いから8年もたってしまったなんて。8年たってもまだフルモデルチェンジもせず、待っていてくれる(?)このステキなイタ車クンを相棒に迎えられる日は、一体いつになるんでしょ。

でも、自分用にもう1台増車できる余裕がある方、子供が巣立ってもうスペースユーティリティーを考える必要がないという方、そういう方には、ぜひこの楽しさを体感してほしいんです。私だって本当はほしいんですよ~。

(文=スーザン史子/写真=荒川正幸)

「500S」に搭載される0.9リッター直2ターボエンジン。最高出力85ps、最大トルク14.8kgmを発生する。
「500S」に搭載される0.9リッター直2ターボエンジン。最高出力85ps、最大トルク14.8kgmを発生する。 拡大
メーターには7インチのTFTモニターを採用。エコドライブの度合いを5段階で評価する、エコインジケーターの機能も備わる。
メーターには7インチのTFTモニターを採用。エコドライブの度合いを5段階で評価する、エコインジケーターの機能も備わる。 拡大
ラゲッジルームの仕様は基本的に他のグレードと共通。リアシートを倒してもフロアはフラットにはならない。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
ラゲッジルームの仕様は基本的に他のグレードと共通。リアシートを倒してもフロアはフラットにはならない。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます) 拡大
ボディーカラーには「ボサノバ ホワイト」「パソドプレ レッド」「グルーブメタル グレー」「ブルー イタリー」の4色が用意されている。
ボディーカラーには「ボサノバ ホワイト」「パソドプレ レッド」「グルーブメタル グレー」「ブルー イタリー」の4色が用意されている。 拡大

テスト車のデータ

フィアット500S

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3585×1625×1515mm
ホイールベース:2300mm
車重:1010kg
駆動方式:FF
エンジン:0.9リッター直2 SOHC 8バルブターボ
トランスミッション:5段MT
最高出力:85ps(63kW)/5500rpm
最大トルク:14.8kgm(145Nm)/1900rpm
タイヤ:(前)185/55R15 82H/(後)185/55R15 82H(グッドイヤー・エフィシエントグリップ)
燃費:26.6km/リッター(JC08モード)
価格:231万1200円/テスト車=244万7287円
オプション装備:ボディーカラー<ブルー イタリー>(5万4000円) ※以下、販売店オプション Carrozzeria AVIC-MP33 II(4万5367円)/ETC車載器(1万2960円)/フロアマット(2万3760円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:7735km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:217.6km
使用燃料:15.3リッター
参考燃費:14.2km/リッター(満タン法)/15.3km/リッター(車載燃費計計測値)
 

フィアット500S
フィアット500S 拡大

関連キーワード:
500フィアット試乗記

あなたにおすすめの記事