フィアット500S(FF/5MT)

気になる存在ではあるけれど 2015.06.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。

思い出されるすれ違いの日々

「買いたい! でも買えない……」
今までにフィアット500を目にして、何度その言葉を口にしたことでしょう。

初めて出会ったのは、2007年にこのクルマが登場した頃。こぶりで愛らしいフォルムやオシャレなインテリアは、イタリア車らしい強い個性を放っていました。においこそ新車だけれど、各部に旧車でしか味わったことのないレトロな雰囲気があって、窓ごしに見える景色がセピア色に染まって見えるように感じたんですよね。

ところが実際に運転をしてみると、ノスタルジックな気持ちに浸ってばかりはいられなかった。ボディーや足まわりの頼りなさ、デュアロジックのギクシャクした操作感という点など不安要素が多く、自分の相棒にしようという気持ちにまではなれなかったのです。

本気で「欲しい!」と思ったのは、それから4年たった2011年のこと。2気筒エンジン「ツインエア」が搭載されたフィアット500は、初期のダメっぽさが懐かしく思い出されるほど、しっかり者の超個性派に進化。ドコドコという独特な音とシートから伝わってくる振動にすっかり心まで揺さぶられてしまいました。草ぼうぼうの荒野のなかを走っているみたいなロマンあふれる走りで、それはそれは、深みのあるイイ感じのクルマに成長していました。

ところが、私はといえば半年前に出産したばかり。後席にはチャイルドシートを載せなくてはならないし、今後増えていくであろう荷物対策も考えなければならず。
もちろんフィアット500は4人乗りだし、後席にチャイルドシートを載せることだってできます。でも、クルマで出掛けるたびに、小さな子供を抱きかかえながら助手席を前に倒し、子供をシートに乗せる面倒くささを考えると、腰痛持ちにはハードルが高かった。スペース的にも少々無理があるように思えてしまって。

本国でのデビューは2007年7月と、今年でモデルライフ8年目を迎えた「フィアット500」。日本では2008年3月に発売された。
本国でのデビューは2007年7月と、今年でモデルライフ8年目を迎えた「フィアット500」。日本では2008年3月に発売された。
マニュアルトランスミッションを搭載した「500S」のインテリア。内装色には、ブルー/ブラック、レッド/ブラックの、2種類のツートンカラーが用意される。
マニュアルトランスミッションを搭載した「500S」のインテリア。内装色には、ブルー/ブラック、レッド/ブラックの、2種類のツートンカラーが用意される。
「500S」専用デザインのファブリックシート。背もたれには「500S」のロゴが刺しゅうされている。
「500S」専用デザインのファブリックシート。背もたれには「500S」のロゴが刺しゅうされている。
リアシートは5:5の分割可倒式。
リアシートは5:5の分割可倒式。
関連記事
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る