フィアット500S(FF/5MT)

気になる存在ではあるけれど 2015.06.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。

思い出されるすれ違いの日々

「買いたい! でも買えない……」
今までにフィアット500を目にして、何度その言葉を口にしたことでしょう。

初めて出会ったのは、2007年にこのクルマが登場した頃。こぶりで愛らしいフォルムやオシャレなインテリアは、イタリア車らしい強い個性を放っていました。においこそ新車だけれど、各部に旧車でしか味わったことのないレトロな雰囲気があって、窓ごしに見える景色がセピア色に染まって見えるように感じたんですよね。

ところが実際に運転をしてみると、ノスタルジックな気持ちに浸ってばかりはいられなかった。ボディーや足まわりの頼りなさ、デュアロジックのギクシャクした操作感という点など不安要素が多く、自分の相棒にしようという気持ちにまではなれなかったのです。

本気で「欲しい!」と思ったのは、それから4年たった2011年のこと。2気筒エンジン「ツインエア」が搭載されたフィアット500は、初期のダメっぽさが懐かしく思い出されるほど、しっかり者の超個性派に進化。ドコドコという独特な音とシートから伝わってくる振動にすっかり心まで揺さぶられてしまいました。草ぼうぼうの荒野のなかを走っているみたいなロマンあふれる走りで、それはそれは、深みのあるイイ感じのクルマに成長していました。

ところが、私はといえば半年前に出産したばかり。後席にはチャイルドシートを載せなくてはならないし、今後増えていくであろう荷物対策も考えなければならず。
もちろんフィアット500は4人乗りだし、後席にチャイルドシートを載せることだってできます。でも、クルマで出掛けるたびに、小さな子供を抱きかかえながら助手席を前に倒し、子供をシートに乗せる面倒くささを考えると、腰痛持ちにはハードルが高かった。スペース的にも少々無理があるように思えてしまって。

本国でのデビューは2007年7月と、今年でモデルライフ8年目を迎えた「フィアット500」。日本では2008年3月に発売された。
本国でのデビューは2007年7月と、今年でモデルライフ8年目を迎えた「フィアット500」。日本では2008年3月に発売された。
マニュアルトランスミッションを搭載した「500S」のインテリア。内装色には、ブルー/ブラック、レッド/ブラックの、2種類のツートンカラーが用意される。
マニュアルトランスミッションを搭載した「500S」のインテリア。内装色には、ブルー/ブラック、レッド/ブラックの、2種類のツートンカラーが用意される。
「500S」専用デザインのファブリックシート。背もたれには「500S」のロゴが刺しゅうされている。
「500S」専用デザインのファブリックシート。背もたれには「500S」のロゴが刺しゅうされている。
リアシートは5:5の分割可倒式。
リアシートは5:5の分割可倒式。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
ホームへ戻る