第402回:【Movie】恐るべし! パンダの生命力
大矢アキオ、捨て身の路上調査員「イタリア編2015」

2015.06.12 エッセイ

■6年ぶりの調査結果は?

本欄でたびたびお届けしてきた、各国の路上を実際に走っているクルマウォッチング「捨て身の路上調査員」シリーズ。時の流れは早いもので、前回イタリア編を実行したのは、なんと6年前の2009年5月であった。当時、小学校に入学した児童なら、もう6年生である。ということで、今回アップデートを試みることにした。場所は、前回計測したシエナの隣町で、観光地サンジミニャーノに近いポッジボンシという町だ。10分間にわたって台数を数えてみた結果は、以下のとおりである。

1位:フィアット 20台 (うち「パンダ」が10台)
2位:フォルクスワーゲン 13台
3位:フォード 12台

このあたりは、6年前とほぼ同じである。
パンダの多さは、ここ数年の景気低迷を受け、大型SUVなどから乗り換えるユーザーが少なくないという、当時の事情を反映しているといえよう。

以下、
4位:アルファ・ロメオ、プジョー、メルセデス・ベンツ 各5台
5位:トヨタ、ホンダ 各4台
6位:韓国GM製シボレー、ルノー、スズキ、オペル 各3台

その他14台となった(商用車を除く)。 

ハイブリッドに関しては、都市ではかなり普及してきたものの、こうした郊外では、前回同様タクシーを除きそれほど普及していないようだ。

いっぽうで変化もある。
インドのタタや、中国の長城汽車(グレートウォール)の高級ブランド「ハヴァル」のSUVが、ちょっと眺めているだけでも交じるようになったのは、時代を感じざるを得ない。
屋台のパニーノをかじっている向こうで、アド(広告)トラックやツーリングを楽しむ「ハーレーダビットソン」、そして三輪トラックなどさまざまな車両が往来する。トスカーナ地方の、のどかな昼下がりのロータリーを動画でお楽しみいただこう。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

「捨て身の調査員」イタリア編 2015年夏

(撮影と編集=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

トスカーナ州ポッジボンシ町の、あるロータリーにて。ここが今回の計測地点。
一番多かったのは、「フィアット・パンダ」。昨今イタリアでは大型SUVを手放して、立派になったパンダに乗り換える人が少なくない。先方にいるのはセアトのワゴン「アルテア」。
イベコ製トラック「ターボデイリー」を用いたアドトラック。日用品屋さんの宣伝だ。
一帯はキャンピングカーの一大生産地でもある。家具作りの伝統と技術を継承したものだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。