フォルクスワーゲン、ホットな3車種にMT車追加

2015.06.09 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」

フォルクスワーゲン、「ポロGTI」「ゴルフGTI」「ゴルフR」に6段MT車を追加

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年6月9日、「ポロGTI」「ゴルフGTI」「ゴルフR」のMT仕様車を新たに導入すると発表した。3車種とも、受注は同年6月11日に始められる。

「ゴルフGTI」
「ゴルフGTI」
「ゴルフR」
「ゴルフR」

今回新たにラインナップされる3モデルのうち、ポロGTIの6段MT車は、既存の7段AT車とはアウトプットが異なる。最高出力の値(192ps)は変わらないものの、その発生回転数はAT車よりも1100rpm低い4300rpmに。最大トルクもAT車の25.5kgmから7.1kgmアップの32.6kgmへと変更されている。
ドライバーの好みにあわせてサスペンションセッティングが変更できる“Sport Select”シャシー付きスポーツパフォーマンスキットも備わる。

価格は327万5000円で、デリバリーの開始時期は2015年9月になる見込み。

ゴルフGTI(220ps、35.7kgm)とゴルフR(280ps、38.7kgm)は、エンジンのアウトプットやサスペンションセッティングの点で、MT車とAT車に違いはない。
後方の死角を検知する「ブラインドスポットディテクション」や、後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能「リアトラフィックアラート」、「アダプティブクルーズコントロール」といった安全装備の充実がセリングポイントとなっている。

ゴルフGTIの6MT車は389万円で、納車の開始時期は2015年10月。ゴルフRの6MT車は539万円で、同年9月にもデリバリーされる。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロ 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」の新型を発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも用いられる横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を採用。より洗練されたエクステリアデザインや最新のコネクティビティーも手に入れた、その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
ホームへ戻る