トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッドG(FF/CVT)/ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)

これぞ正常進化 2015.06.17 試乗記 トヨタとホンダの最新コンパクトセダンに試乗。代表的な2台を比較しながら、かつて世のスタンダードとされていた4ドア車の“いま”をリポートする。

「昔ながら」の最新型を試す

「セダンはクルマの基本形」という昔ながらのフレーズを、どのぐらいの人が理解してくれるだろうか。そう思ってしまうほど、クルマの世界では、SUVやミニバンなど新しいスタイルのモデルが市場を席巻してきた。

でもベテランドライバーにとっては、いまなおセダンはクルマの基本形。4~5人の乗員がひとつの空間を共有し、客室と荷室は明確に分かれるという作りは、昔ながらの日本家屋に通じるところがある。しかもミニバンやSUVに比べれば車重が軽くて背も低い分、走りのよさや燃費の伸長が期待できる。だからなのか、北米やアジアなど、現在もセダン需要が高い地域は多い。

その中で、日本の道路事情に合った5ナンバーサイズのボディーを持ち、燃費性能に長(た)けたハイブリッドシステムを搭載するセダンの新型が、相次いで登場した。2014年末にデビューしたホンダの新型車「グレイス」と、2015年の3月に発表されたトヨタの新型「カローラ アクシオ ハイブリッド」だ。

カローラはマイナーチェンジだし、グレイスは「フィット」ベースと、どちらもオールニューではないけれど、50代の僕にとっては、幼い頃あふれるほど走っていた5ナンバーセダンの最新型ということで、半世紀近くが経過した今、どんな進化を遂げているのか興味があった。
取材車はカローラ アクシオが「ハイブリッドG」、グレイスは「HYBRID EX」。ともに各モデルの最上級グレードで、価格はカローラが220万7127円、グレイスが221万円とガチンコ勝負。でも実車を前にすると、その違いに驚く結果になった。

現在の「トヨタ・カローラ」は、1966年に発売された初代から数えて11代目にあたるもの。セダンは「カローラ アクシオ」、ワゴンは「カローラ フィールダー」の呼称で区別されている。
現在の「トヨタ・カローラ」は、1966年に発売された初代から数えて11代目にあたるもの。セダンは「カローラ アクシオ」、ワゴンは「カローラ フィールダー」の呼称で区別されている。
「ホンダ・グレイス」のパワーユニット。1.5リッター直4エンジンにモーターを組み合わせ、137psのシステム総出力を発生する。
「ホンダ・グレイス」のパワーユニット。1.5リッター直4エンジンにモーターを組み合わせ、137psのシステム総出力を発生する。
11代目「カローラ」は、2015年4月のマイナーチェンジにより安全装備の充実、環境性能の向上が図られるとともに、フロントまわりを中心にデザインが変更された。
11代目「カローラ」は、2015年4月のマイナーチェンジにより安全装備の充実、環境性能の向上が図られるとともに、フロントまわりを中心にデザインが変更された。
ホンダのコンパクトなハイブリッドセダン「グレイス」。2014年12月に発売された。デビュー時の価格は、195万円から240万9800円まで。
ホンダのコンパクトなハイブリッドセダン「グレイス」。2014年12月に発売された。デビュー時の価格は、195万円から240万9800円まで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ アクシオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る