日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)

意地と燃費の両立 2015.06.17 試乗記 「タフギア」としての魅力と、時代が求める燃費の両立は成ったのか? 日産を支えるミドルサイズSUV「エクストレイル」に追加された、ハイブリッドモデルの実力を試す。

いろいろ言われはしたものの

エクストレイルって、なんであんなんなっちゃったの?
2013年末に登場した現行型を見ての、周囲の友人知人の反応は、概してそんな感じだった。「タフギア」と言い続けてはいるものの、愚直に四角さを貫いていたそれまでのナリは捨て去られ、良く言えば今日的な、悪く言えば他と大差ないSUV的なデザインをまとったそれは、迎合を嫌うクルマ好きにとって、落胆の要素の方が強かったのだろう。

同じくCセグメント系プラットフォームを用いる欧州名「キャシュカイ」、日本名「デュアリス」とのアーキテクチャー統合を前提に開発された、そのロングホイールベース版。そして米国では「ローグ」として販売され……と、世界的な商品戦略との折り合いで、エクストレイルは確かに日本発だったコンセプトの見直しを迫られた。そこに共感できなかったのは僕も一緒である。

だが、数字は正直だ。フルモデルチェンジ後、初の通年販売となった2014年の台数は約5万4000台。日産の国内販売にとって今やエクストレイルは「ノート」「セレナ」と並ぶ3本柱のひとつだ。しかも初代、2代目と比較しても、その売れっぷりは明らかにずぬけてもいる。

好きってだけじゃあ売れないんですよ。クルマ屋さんの営業や商品企画の人が時折口にする言葉を、見事に証明する事象を目の当たりにしてはぐうの音も出ない。そんな国内での販売をさらに景気づけるべく追加投入されたのが、今やこのキーワードなしでは来店の話もお茶の間で始まらないという「ハイブリッド」だ。

「エクストレイル」は2000年に登場した日産のミドルサイズSUV。3代目に当たる現行モデルは2013年12月に発売された。
「エクストレイル」は2000年に登場した日産のミドルサイズSUV。3代目に当たる現行モデルは2013年12月に発売された。
「エクストレイル ハイブリッド」のインストゥルメントパネルまわり。内装のデザインについては、基本的に基準車との違いはない。
「エクストレイル ハイブリッド」のインストゥルメントパネルまわり。内装のデザインについては、基本的に基準車との違いはない。
シートの仕様は基準車の「20X/20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”」と共通。標準仕様の防水シートのほか、オプションでスエード調トリコットのファブリックシートも用意される。
シートの仕様は基準車の「20X/20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”」と共通。標準仕様の防水シートのほか、オプションでスエード調トリコットのファブリックシートも用意される。
「エクストレイル ハイブリッド」のシートレイアウトは2列5人乗り。基準車に設定のある3列7人乗り仕様は用意されない。
「エクストレイル ハイブリッド」のシートレイアウトは2列5人乗り。基準車に設定のある3列7人乗り仕様は用意されない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る