フォルクスワーゲンup!の燃費が12%アップ

2015.06.11 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンup!」

「フォルクスワーゲンup!」一部仕様変更 燃費が25.9km/リッターに

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年6月11日、一部仕様変更により環境性能を高めたコンパクトカー「up!」を発表。同日に発売した。

センターコンソールの一角(写真上方)には、アイドリングストップ機能のon/offボタンが追加されている。
最新型「up!」は、2015年秋から正規ディーラーで新たに着用される女性スタッフの制服(写真)とともに披露された。写真左から3人目は、フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂 社長。
アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムが追加された新型「up!」には、「ブルーモーションテクノロジー」のバッジが添えられる。

今回、日本で販売されるup!の全モデルに、アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムが追加された。これにより、JC08モードの燃費値は23.1km/リッターから25.9km/リッターへと、約12%向上した。

ボディーカラーは、新色の「ホットオレンジメタリック」と「ブルーベリーメタリック」が追加され、全7色のラインナップに。
また、エントリーモデル「move up!」については、タイヤサイズが従来の165/70R14から175/65R14に変更された。

価格は、以下の通り。
・move up!(2ドア):154万8000円
・move up!(4ドア):175万6000円
・high up!(4ドア):189万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る