フォルクスワーゲンup!の燃費が12%アップ

2015.06.11 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンup!」
「フォルクスワーゲンup!」
    拡大

「フォルクスワーゲンup!」一部仕様変更 燃費が25.9km/リッターに

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年6月11日、一部仕様変更により環境性能を高めたコンパクトカー「up!」を発表。同日に発売した。

センターコンソールの一角(写真上方)には、アイドリングストップ機能のon/offボタンが追加されている。
センターコンソールの一角(写真上方)には、アイドリングストップ機能のon/offボタンが追加されている。
    拡大
最新型「up!」は、2015年秋から正規ディーラーで新たに着用される女性スタッフの制服(写真)とともに披露された。写真左から3人目は、フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂 社長。
最新型「up!」は、2015年秋から正規ディーラーで新たに着用される女性スタッフの制服(写真)とともに披露された。写真左から3人目は、フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂 社長。
    拡大
アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムが追加された新型「up!」には、「ブルーモーションテクノロジー」のバッジが添えられる。
アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムが追加された新型「up!」には、「ブルーモーションテクノロジー」のバッジが添えられる。
    拡大

今回、日本で販売されるup!の全モデルに、アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムが追加された。これにより、JC08モードの燃費値は23.1km/リッターから25.9km/リッターへと、約12%向上した。

ボディーカラーは、新色の「ホットオレンジメタリック」と「ブルーベリーメタリック」が追加され、全7色のラインナップに。
また、エントリーモデル「move up!」については、タイヤサイズが従来の165/70R14から175/65R14に変更された。

価格は、以下の通り。
・move up!(2ドア):154万8000円
・move up!(4ドア):175万6000円
・high up!(4ドア):189万円

(webCG)

関連キーワード:
up!フォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る