MINIジョンクーパーワークス(FF/6AT)

MINIの理想形 2015.06.16 試乗記 一番ホットなMINI、「ジョンクーパーワークス」の最新型に試乗。ワインディングロードでむちを当てると、速さだけではない、その驚くべき特徴が見えてきた。

ますます増した特別感

初代“BMW MINI”時代は純正アフターマーケットキット(後にライン装着も可能となったけれど)として登場して、2代目ではれて独立グレードに昇格した「ジョンクーパーワークス(以下、JCW)」は、最新の3代目でも2代目同様の独立グレードという扱いである。

ひとまず3ドアハッチバックから登場した新世代JCWの価格は、MT車が398万円、AT車が415万円。ベースとなる「クーパーS」と比較すると、MTで80万円、ATで83万円のエクストラコストが必要……という計算になる。これは先代JCWとクーパーSの価格差と、実質的に同等と考えていいレベルだ。
ただし、先代JCW専用品がパワーアップしたエンジンとサスペンションチューンにとどまったのに対して、新型では、見るからに巨大なフロントディスクローター(とブレンボ製対向4ピストンキャリパー)や本格的に効きそうな全身エアロキット、そして専用スポーツシート……などが追加されることを考えると、実質値下げという見方もできる。

実際、今回の取材車のエクステリアに、ブラックボンネットストライプや18インチホイール(標準は専用デザインだが17インチ)といったオプションが装着されていたことを差し引いても、JCWの特別感は明らか。ボンネットのエアスクープは相変わらずダミー(インタークーラーへの冷却風は先代以降バンパーから導入している)だが、バンパー開口面積の大きさはクーパーSの比ではない。

リアルーフスポイラーも下側に気流を導くウイングタイプで、資料には「ダウンフォースを確保」と記されている本物の空力機能部品。クーパーSにあったフォグランプがJCWで省略されているのを残念と思う向きもあろうが、一応は「ブレーキ冷却ダクトを追加したために、フォグランプはあえて諦めた」というマニアックなウンチクが躍る。

日本では2015年3月に受注がスタートした、新型「MINIジョンクーパーワークス」。同年5月末にはデリバリーも始まった。
日本では2015年3月に受注がスタートした、新型「MINIジョンクーパーワークス」。同年5月末にはデリバリーも始まった。
インテリアの様子。カーナビゲーションシステムやヘッドアップディスプレイなどの快適装備が標準で与えられる。
インテリアの様子。カーナビゲーションシステムやヘッドアップディスプレイなどの快適装備が標準で与えられる。
アルミホイールは、計4タイプが用意される。サイズは標準で17インチ。テスト車には「JCWカップ スポーク 2トーン」と呼ばれる18インチアルミホイールが装着されていた。
アルミホイールは、計4タイプが用意される。サイズは標準で17インチ。テスト車には「JCWカップ スポーク 2トーン」と呼ばれる18インチアルミホイールが装着されていた。
サブラジエーターやブレーキ用のダクトで“穴だらけ”になったフロントまわり。これら冷却システムを優先的にレイアウトする一方で、先代モデルに見られたフォグランプは省かれている。
サブラジエーターやブレーキ用のダクトで“穴だらけ”になったフロントまわり。これら冷却システムを優先的にレイアウトする一方で、先代モデルに見られたフォグランプは省かれている。
ルーフ後端には、大型のリアスポイラーが装着される。
ルーフ後端には、大型のリアスポイラーが装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る