メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(FR/7AT)(本革仕様)

優雅でピチピチ 2015.06.18 試乗記 上級サルーン「Sクラス」に似たフロントデザインを持つ、「メルセデス・ベンツCクラス」の特別限定車に試乗。果たしてそれは、1台で2種類のドライブフィーリングが得られるという、“ふたつの顔を持つクルマ”だった。

590台限定の顔

ボンネットにはスリーポインテッドスターのマスコット、ラジエーターグリルには3本のルーバー。メルセデス・ベンツCクラスのラインナップに、より大人っぽいフロントマスクを与えた「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」が台数限定で追加された。
このニュースを聞いた時、特に驚きはなかった。

なぜなら、先代Cクラス(W204)にも、2つの顔が用意されていたからだ。「クラシック」と「エレガンス」はボンネットにスリーポインテッドスターが載っかる“エレガンス顔”、「アバンギャルド」はエンジンフードの上はツルンとしていて、代わりにラジエーターグリルの中央に大きなスリーポインテッドスターがどんと鎮座する“クーペ顔”だった。
したがって、“2つの顔を持つクルマ”であることは、Cクラスにとって驚くには値しないのだ。

台数限定の内訳を記せば、メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッドはセダンのみ設定され、ポーラーホワイトのボディーカラーで日本限定190台。インテリアをレザーで仕立てた今回の試乗車「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド(本革仕様)」は、ポーラーホワイトが300台、カバンサイトブルーが100台の限定販売となる。

顔は大人っぽいけれど、ドライバーズシートに座って眼前に広がる若々しいインテリアは、現行C200の特徴。デザイン的に新しさを感じさせるのと同時に、着座位置の低さが「スポーティー感=若々しさ」を演出している。

かつてのメルセデス・ベンツは、ドライバーズシートに収まると「おれも大人になった」としみじみさせてくれた。けれども現行のCクラスは、「おれ、ちょっと若返ったかも?」と思わせてくれる。もちろん自分が壮年と呼ばれる世代になったこともあるけれど、メルセデスも間違いなくアンチエイジング効果を狙っていると思う。

2015年3月に発売された限定車「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」。その鼻先には、立体的なボンネットマスコットが添えられる。


    2015年3月に発売された限定車「メルセデス・ベンツC200エクスクルーシブライン リミテッド」。その鼻先には、立体的なボンネットマスコットが添えられる。
上級サルーン「Sクラス」を思わせる、「C200エクスクルーシブライン リミテッド」のフロントまわり。このグリルやボンネットマスコットが備わるモデルは、日本の現行型「Cクラス」ではほかにない。
上級サルーン「Sクラス」を思わせる、「C200エクスクルーシブライン リミテッド」のフロントまわり。このグリルやボンネットマスコットが備わるモデルは、日本の現行型「Cクラス」ではほかにない。
今回のテスト車は、「C200エクスクルーシブライン リミテッド」の中でも上級モデルにあたる“本革仕様”。カバンサイトブルーのボディーカラーには、クリスタルグレーの本革シートとライトブラウンライムウッドのパネル類が組み合わされる。
今回のテスト車は、「C200エクスクルーシブライン リミテッド」の中でも上級モデルにあたる“本革仕様”。カバンサイトブルーのボディーカラーには、クリスタルグレーの本革シートとライトブラウンライムウッドのパネル類が組み合わされる。
センターコンソールの8.4インチディスプレイ。カーナビほか各種のインフォテインメント情報を映し出す。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
センターコンソールの8.4インチディスプレイ。カーナビほか各種のインフォテインメント情報を映し出す。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
長いボンネットと後退したキャビンが印象的なサイドビュー。「メルセデス・ベンツのセダンらしい均整の取れたプロポーション」とアピールされる。
長いボンネットと後退したキャビンが印象的なサイドビュー。「メルセデス・ベンツのセダンらしい均整の取れたプロポーション」とアピールされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る