ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)

クロカンなのにピュアスポーツ 2015.06.24 試乗記 最高出力550psの過給器付きV8エンジンを搭載した「レンジローバー スポーツSVR」に試乗。オフロードコースとサーキットの両方で、その実力を試した。

“オンロード”を極めた高性能モデル

この半年間で3人のスーパーカー仲間が、ドイツ製クロスオーバーSUVから、レンジローバー スポーツに乗り換えた。筆者のアドバイスも多少あったが、何よりも彼らを虜(とりこ)にしたのは、雰囲気とスタイル、そして第2世代となって本家と近しくなった性能だった。高級SUV界で今、イチオシ。そんなレンジローバー スポーツに、新たな過激グレードが加わった。
その名もSVRというからスーパーカーファンにはたまらない(分かる人には分かりますよね)。というのは冗談としても、随分と、クロスオーバー離れ、レンジローバー離れしたネーミングじゃないか。

開発に携わったのは、ジャガー・ランドローバー・グループの“特別車両企画製作部門”、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)だ。クルマ好きは、この部署名を記憶に刻んでおいた方がいい。高性能モデルや超豪華仕様車、特別仕様、特注仕様などを企画・開発する社内組織である。
このレンジローバー スポーツSVRのほかに、レンジローバーのウルトラ豪華仕様である「SVオートバイオグラフィー」や、「ジャガーEタイプ ライトウェイト」の復刻版、「ジャガーFタイプ プロジェクト7」、を生み出した。近い将来、よりオフローダーとして特化した「レンジローバーSVX」も用意するという。

SVオートバイオグラフィーが贅(ぜい)を極めたモデルであるのに対して、SVRはオンロード性能を極めたモデル。しかも、それはレンジローバーの伝統であるオフロード走破性をまるで損なわずに達成した、というのがSVOエンジニアたちの言い分だ。それを確かめるべく、米国ニューヨーク郊外の会員制サーキット、モンティチェロ・モータークラブへ飛んだ。

「レンジローバー スポーツ」の高性能モデルである「SVR」。エンジンやドライブトレインに加え、トルクベクタリングをはじめとした姿勢制御機構も、同車専用のチューニングが施されている。
「レンジローバー スポーツ」の高性能モデルである「SVR」。エンジンやドライブトレインに加え、トルクベクタリングをはじめとした姿勢制御機構も、同車専用のチューニングが施されている。
Bピラーの上部にあしらわれた、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)のバッジ。
Bピラーの上部にあしらわれた、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)のバッジ。
「レンジローバー スポーツSVR」のインテリア。有償で、ドアやセンターコンソール、ダッシュボードなどにカーボンパネルを用いた仕様も選択できる。
「レンジローバー スポーツSVR」のインテリア。有償で、ドアやセンターコンソール、ダッシュボードなどにカーボンパネルを用いた仕様も選択できる。
標準装備となるウィンザーレザー製のスポーツシート。写真の白/黒のツートンカラーをはじめ、全4種類のカラーバリエーションが用意される。
標準装備となるウィンザーレザー製のスポーツシート。写真の白/黒のツートンカラーをはじめ、全4種類のカラーバリエーションが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る