ランドクルーザープラドにディーゼル車が登場

2015.06.17 自動車ニュース
新型ディーゼルエンジンを搭載した「トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G」(オプション装着車)。ボディーカラーは新色のレッドマイカメタリック。
新型ディーゼルエンジンを搭載した「トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G」(オプション装着車)。ボディーカラーは新色のレッドマイカメタリック。 拡大

「トヨタ ランドクルーザープラド」にディーゼル車が登場

トヨタ自動車は2015年6月17日、「ランドクルーザープラド」に一部改良を施し、2.8リッターディーゼルエンジン搭載モデルを発売した。

新開発の2.8リッター「1GD-FTV」型ディーゼルエンジン。177ps/3400rpmと45.9kgm/1600-2400rpmを発生する。
新開発の2.8リッター「1GD-FTV」型ディーゼルエンジン。177ps/3400rpmと45.9kgm/1600-2400rpmを発生する。 拡大

今回ランドクルーザープラドに搭載される2.8リッターのディーゼルエンジンは新開発の「1GD-FTV」型(177ps、45.9kgm)で、国内向けモデルでは初採用となる。次世代の高断熱ディーゼル燃焼や、コンパクトで高効率のターボチャージャーを用い、優れた動力性能と低燃費・低排出ガスを実現したという。JC08モード走行燃費は11.8km/リッター。

また、新開発の尿素SCRシステムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅に低減させた。これにより、排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応したクリーンディーゼル車として「エコカー減税」の対象となるほか、「CEV補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)」制度を利用した場合、最大約24万円が給付される。車両価格は396万4582円~513万3927円。

このほか、2.7リッターガソリン車については、トランスミッションを6段ATに多段化するとともに(従来型は4AT)、エンジンを改良して燃費を向上させている。加えて、従来型で好評のLEDヘッドランプをディーゼル車では標準装備とし、外板色には新色のレッドマイカメタリックを含む全10色を設定した。

(webCG)

関連キーワード:
ランドクルーザープラドトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る