アウディA1スポーツバック 1.0 TFSI(FF/7AT)/S1(4WD/6MT)

トレンド最先端 2015.06.22 試乗記 最もコンパクトなアウディである「A1/A1スポーツバック」がマイナーチェンジ。今回ラインナップに加わった3気筒エンジン搭載モデル「1.0 TFSI」に試乗し、新たなエントリーモデルの魅力を探った。

アウディ初の3気筒ターボ

「トヨタ・オーリス」のマイナーチェンジでは、新エンジンが話題となった。ダウンサイジングコンセプトを掲げる1.2リッター直4直噴ターボエンジンである。新世代ターボの開発では、日本メーカーはヨーロッパ勢に後れを取っていた。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のメインエンジンが1.2リッターターボになったのは、ずいぶん前の話だ。パワーと低燃費の両立を図るダウンサイジングターボが、しばらくはガソリンエンジンの主流になると考えられている。

オーリスはようやく対抗し得る武器を手に入れたわけだが、それでもまだ周回遅れなのかもしれない。ダウンサイジングというのは、排気量だけでなく気筒数の減少も含む概念だ。現在では、3気筒エンジンが技術開発のトレンドになりつつある。アウディA1に追加されたモデルには、1リッター直噴3気筒ターボエンジンが搭載された。

アウディ初の3気筒ではあるが、「フォルクスワーゲンup!」で採用されたエンジンと基本的には同じものだ。ただ、スペックは大幅に違う。up!が最高出力75ps/6200rpm、最大トルク9.7kgm/3000-4300rpmだったのに対し、A1は95ps/5000-5500rpm、16.3kgm/1500-3500rpmとなっている。チューニング次第でエンジンの性格を大きく変えることのできるのが、ターボならではの利点である。パワーアップを果たしたわりに、JC08モード燃費は25.9km/リッターから22.9km/リッターというわずかな悪化にとどまった。

パワーやトルクの向上はもちろん好ましいのだが、up!とA1を分ける最大の違いは別の要素だ。トランスミッションである。どちらも2ペダルだが、up!はシングルクラッチ式のASGで、A1はデュアルクラッチ式のSトロニックなのだ。

「A1スポーツバック 1.0 TFSI」に搭載されるエンジンは1リッター直3ターボ。95psと16.3kgmを発生する。
マイナーチェンジにより、ヘッドライトのデザインも新しくなった。
インテリアのデザインは従来型を踏襲するが、アルミニウムルックやハイグロスブラックの装飾が増やされている。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A1スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • アウディ、A3/S3などの車両価格を改定 2015.9.1 自動車ニュース アウディ ジャパンは2015年9月1日、「アウディA3スポーツバック/S3スポーツバック/A3セダン/S3セダン」の日本における販売価格を、同日付で改定すると発表した。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2013.11.26 試乗記 3代目となるアウディのコンパクトハッチバック「A3」に試乗。新たな機能を多数盛り込んだという新型の使い勝手、そして走りは?
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る