第101回:狂気は衰えず――常軌を逸したマシンが爆走する!
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

2015.06.19 エッセイ

30年の時を経て作られた新作

「『マッドマックス』の新作が公開されるよ!」と興奮気味に話しても、はかばかしい反応が返ってこない。いぶかしく思ったが、相手は30代だったから当然のことだった。3作目の『マッドマックス/サンダードーム』が公開された1985年からもう30年の時が流れた。リアルタイムにあの狂気に触れたのは、今では40代後半以上の世代なのだ。

第1作の『マッドマックス』は1979年に公開されている。低予算で作られたオーストラリア映画で、主演は無名の新人である。表情にまだ幼さを残すメル・ギブソンだ。彼が後に大スターになり、さらにはスキャンダルを連発してハリウッド一番の嫌われ者になるなんて誰も想像していなかった。

監督は、映画好きの医学生だったジョージ・ミラー。経験は浅く素人同然で、この作品を作った後は医者になるはずだった。しかし、第1作がカルトな人気を得て、映画監督の道を進むことになる。3部作の後に続編のうわさが何度も浮上したが、実際には作られなかった。ミラーはずっとブタやペンギンを主人公にしたファミリー映画を撮っていて、もう『マッドマックス』の新作が世にでることはないと思われていた。

しかし、70歳のミラーがとんでもない映画を作り上げた。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、監督自身のセルフオマージュともセルフリメイクともいえる作品である。世界観は何も変わっていない。スピードと暴力が主役であり、ストーリーは単純明快だ。すさまじい迫力のカーチェイスと非情なバイオレンスが、スクリーンに満ちている。

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
1979年に公開された『マッドマックス』。無法な暴走族と死闘を繰り広げたあのインターセプターがついに復活する! インターセプターとは、「フォード・ファルコン」をベースとした特殊警察の改造パトカー。
1960年から北米で販売されたコンパクトカーがファルコンで、オーストラリアでも生産された。北米での生産が終了した後、1972年からオーストラリア独自のモデルとなった。映画に登場するのは、1973年の「XB GTクーペ」がベース。
『マッドマックス』(字幕版DVD)
1979年に公開された『マッドマックス』。無法な暴走族と死闘を繰り広げたあのインターセプターがついに復活する! インターセプターとは、「フォード・ファルコン」をベースとした特殊警察の改造パトカー。
    1960年から北米で販売されたコンパクトカーがファルコンで、オーストラリアでも生産された。北米での生産が終了した後、1972年からオーストラリア独自のモデルとなった。映画に登場するのは、1973年の「XB GTクーペ」がベース。『マッドマックス』(字幕版DVD)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。