第300回:自動運転もすぐそこに!?
日産予防安全技術取材会の会場から

2015.06.22 エッセイ
予防安全技術取材会は、日産追浜工場内のテストコース「GRANDRIVE」で開催された。

日産自動車が開催した、メディア向けの予防安全技術取材会に参加した。「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」をはじめとする、日産の予防安全技術への取り組みをリポートする。

今では当たり前の装備となった自動ブレーキ。
「エクストレイル」のエマージェンシーブレーキシステムには、センサーとしてカメラが用いられている。
いくら相手がダミー人形だとはいえ、ノーブレーキで突っ込むのは緊張する。

自動ブレーキからまだ6年

日産自動車は、2015年度中に商用車を含めたほぼ全てのカテゴリーで、エマージェンシーブレーキを搭載すると発表している。
“ほぼ全て”がどういう意味なのか気になるが、「GT-R」や「フェアレディZ」といったスポーティーモデルを除いた“ほぼ全て”のカテゴリーという意味だとのこと。
運転する喜びを重視するクルマには、エマージェンシーブレーキを搭載しないと日産は判断したのだろう。これについてはいろいろな意見があるだろうが、現時点ではそういうことのようだ。

それにしても、ここ数年で衝突被害軽減ブレーキ搭載車の数は、驚くほどのスピードで拡大している。
今や軽自動車でも当たり前の装備だが、自動停止ブレーキを搭載したクルマが走り始めたのは、ごく最近のことだ。
『webCG』の過去記事を調べると、2009年3月に掲載された、「ボルボXC60」に搭載される予定の「シティセーフティ」を紹介する記事(該当記事はこちら)で、以下のように記されている。

「日本仕様はまだ明かされていないが、いずれにせよ『XC60』にはすべてのグレードにこのシステムが標準装備されており、日本でも当然採用される。
ただし現在のところ、『シティセーフティ』に対する国土交通省の認可が下りていない。仮に認可が下りないとすると、装置は付いていながらも作動をオフにして販売されるという、非常にもったいない事態になってしまう。」

結果的に「シティセーフティ」は採用されることとなり、日本における自動ブレーキの夜明けとなったわけだが、それからまだ6年ほどしかたっていない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ