ホンダ・グレイスにガソリンエンジン車が新登場

2015.06.19 自動車ニュース
「ホンダ・グレイスLX」
「ホンダ・グレイスLX」

「ホンダ・グレイス」に1.5リッターガソリンエンジン車が登場

本田技研工業は2015年6月19日、「ホンダ・グレイス」の1.5リッター直4ガソリンエンジン搭載車を発表。同日、販売を開始した。

「グレイスLX」のインテリア。「プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナー」や「本革巻きステアリングホイール」などが備わる。
「グレイスLX」のインテリア。「プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナー」や「本革巻きステアリングホイール」などが備わる。

ホンダ・グレイスにガソリンエンジン車が新登場の画像

グレイスは、「5ナンバーサイズの扱いやすさと、アッパーミドルセダンのゆとりある広さや上質感を融合させた」とうたわれる、ホンダのコンパクトセダン。
2014年12月のデビュー以来、そのパワーユニットは1.5リッター直4エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムに限られていたが、今回新たに、1.5リッター直4直噴エンジン(132ps、15.8kgm)を搭載した「LX」がラインナップに加わった。

組み合わされるトランスミッションはCVTのみで、駆動方式はFFと4WDの2タイプ。JC08モードの燃費値は、FF車が21.8km/リッターで、4WD車が19.4km/リッターと公表される。

ドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが自動的に開閉する「オートリトラミラー」が備わるほか、専用のボディーカラーとして「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」が設定される。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・LX(FF車):175万円
・LX(4WD車):196万6000円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.15 試乗記 ホンダから久しぶりに5ナンバーサイズのセダンが登場した。「グレイス」の売りは、手ごろなサイズのボディーでありながら、アッパーミドルクラス並みの居住性が備わること。また、ハイブリッドパワーユニットを搭載し、34.4km/リッターという低燃費を実現したのも自慢だ。最上級の「HYBRID EX」グレードに試乗し、その「セダン力」を探った。
  • ホンダ・グレイス 2014.12.1 画像・写真 ホンダの新型ハイブリッドセダン「グレイス」のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る