ホンダ・グレイスにガソリンエンジン車が新登場

2015.06.19 自動車ニュース
「ホンダ・グレイスLX」
「ホンダ・グレイスLX」

「ホンダ・グレイス」に1.5リッターガソリンエンジン車が登場

本田技研工業は2015年6月19日、「ホンダ・グレイス」の1.5リッター直4ガソリンエンジン搭載車を発表。同日、販売を開始した。

「グレイスLX」のインテリア。「プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナー」や「本革巻きステアリングホイール」などが備わる。
「グレイスLX」のインテリア。「プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナー」や「本革巻きステアリングホイール」などが備わる。

ホンダ・グレイスにガソリンエンジン車が新登場の画像

グレイスは、「5ナンバーサイズの扱いやすさと、アッパーミドルセダンのゆとりある広さや上質感を融合させた」とうたわれる、ホンダのコンパクトセダン。
2014年12月のデビュー以来、そのパワーユニットは1.5リッター直4エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムに限られていたが、今回新たに、1.5リッター直4直噴エンジン(132ps、15.8kgm)を搭載した「LX」がラインナップに加わった。

組み合わされるトランスミッションはCVTのみで、駆動方式はFFと4WDの2タイプ。JC08モードの燃費値は、FF車が21.8km/リッターで、4WD車が19.4km/リッターと公表される。

ドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが自動的に開閉する「オートリトラミラー」が備わるほか、専用のボディーカラーとして「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」が設定される。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・LX(FF車):175万円
・LX(4WD車):196万6000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る