スバルBRZ S(FR/6MT)

長く付き合える一台 2015.06.26 試乗記 「スバルBRZ」にマイナーチェンジが施された。目に見える部分の変更はわずかながら、その中身は熟成が進んだという。進化の程を箱根で確かめた。

ハンドリングバランスのカギは車体剛性

「いま新車で走りがいいクルマを買うなら何ですか?」
そう質問されると、筆者はいつも「うーん……」とうなっていた。欧州車好きなら「フォルクスワーゲン・ポロGTI」か「ルノー・ルーテシアR.S.」を真っ先に薦める。「ゴルフGTI」と「メガーヌR.S.」は、こちらが言わなくても欲しい人は買うクルマだ。
一方、国産車はというと、ちょっと迷う。それでもパッと心に浮かぶのは、「トヨタ86」と「スバルBRZ」。そして、「スズキ・スイフトスポーツ」。最近だとここに「マツダ・ロードスター」が加わるのだろうか。もちろんその条件には、「現実的な」という枕ことばが付く。

ただ筆者は、“FR is the best!”と言っているのではない。本人はバカが付くほどのFR好きだが、FRが持つ本来の素晴らしさとは、前後のグリップバランスの良さであり、その先にあるドリフトコントロールは、必要な人が求めればいい。
そして近年では、FF車でも、フロントタイヤのグリップ限界を上げることで、良好な前後バランスを持つクルマが多い。またスイートスポットの狭い話だが、FF車にもドリフトコントロール領域(正確にはヨーコントロール領域)は存在する。スイフトスポーツを推す理由がこれだ。

こうしたハンドリングバランスのカギを大きく握るのは、車体剛性だと思う。
剛性を上げれば重量も増えるから、やみくもに高ければよいわけではない。しかしその体躯(たいく)にあった剛性を得ると、クルマは楽しくなる。4つのタイヤが地面に接地し続けるから、ステアリングインフォメーションが豊かになる。これがクルマの楽しさだと筆者は思う。

さてようやくマイナーチェンジを受けたBRZの話に入る。
広報車両を東京・恵比寿のスバル本社から受け取り、街中をサクッと流した。イメージカラーである「WRブルー・パール」は初夏の日差しに映えてすがすがしく、信号待ちで隣に「911」が並んだときも、引け目を感じるどころか思わず心の中で「俺もボクサーエンジンだぜッ♪」とジョークをかましたほどだった。
そんな軽やかな気分になれたのは、BRZが以前よりもシッカリしたからだと思う。テスト車両を受け取った時点では、このクルマの情報は知らされていなかった。しかし街中でハンドルを切った瞬間から、手のひらにかかる重みの違いがわかった。アクセルを踏み込んでも、車体がスッと進んで気持ちが良かった。ブッシュか? 前後サブフレームの締結剛性か? 回答をアレコレ考えるのも楽しかったが、何より運転が楽しい。

 

マイナーチェンジでは、ステアリングホイールのスポークやシフトパネルなどにサテンシルバーの加飾が施された。
マイナーチェンジでは、ステアリングホイールのスポークやシフトパネルなどにサテンシルバーの加飾が施された。
テスト車にはオブションのアルカンターラ&本革シート(7万5600円)が装着されていた。
テスト車にはオブションのアルカンターラ&本革シート(7万5600円)が装着されていた。

スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】の画像
荷室は、一体可倒式の後席を倒すことで、スポーツ走行用のタイヤ4本が積載可能だ。
荷室は、一体可倒式の後席を倒すことで、スポーツ走行用のタイヤ4本が積載可能だ。
マイナーチェンジで、ボディーカラーに「ラピスブルー・パール」「ピュアレッド」が追加された。テスト車のボディーカラーは「WRブルー・パール」
マイナーチェンジで、ボディーカラーに「ラピスブルー・パール」「ピュアレッド」が追加された。テスト車のボディーカラーは「WRブルー・パール」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る