フェラーリ488GTB(MR/7AT)

新時代の幕開け 2015.06.25 試乗記 フェラーリの新しいV8エンジン搭載モデル「488GTB」に試乗。ターボエンジンにくら替えし、最新の空力コスチュームでかためた新型の実力は? フェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットからの第一報。

自然吸気からターボへ

6月某日のフィオラーノ・サーキットは意外や、488GTBの国際試乗会の会場にしては拍子抜けするほど穏やかでのどかだった。マラネロはもう初夏といった感じ、日差しはそれなりに鋭いが、木陰に入ればとても爽やかである。おまけにどこからともなくチチチ……なんて鳥のさえずりまで聞こえてくる。これから330km/hもの最高速を誇るスーパースポーツカーをテストするとは思えぬほどのんびりしていたそのとき、今回の主役が現れた。

なにやら聞き慣れぬ咆哮(ほうこう)が、われわれの方に向かってくる。「458イタリア」に比べたらトーンは低く太い。しかしそのエンジン音には、前へ前へと貪欲に進みたがる意志のようなものが感じ取れる。これはまちがいなくフェラーリの音だ。次の瞬間、われわれのすぐ横に伸びるフィオラーノのメインストレートを、赤い488GTBが250km/hは出ているか? という高速でビュンと駆け抜けていった。のどかな雰囲気が一気に引き締まった。

488GTBはプロジェクトネームで「F142M」と呼ばれる。458シリーズの型式名がF142で、末尾のMはフェラーリの伝統で「モディファイ」(イタリア語でmodificata)を意味しているのだろうから、平たくいえばこのクルマは458イタリアの改良進化モデルに当たる。確かに見た目もそうである。しかし488GTBにはMと呼ぶにはあまりに大掛かりな新機軸がいくつも投入されているのである。

まずエンジンがそうだ。従来の4.5リッターの自然吸気V8(F136型)が、3.9リッターのV8ツインターボ(F154型)に置き換わった。“フェラーリサウンド”のニュアンスが変わったのは、言うまでもなくそれが理由だ。このエンジンはすでにターボ化されている「カリフォルニアT」の3.9リッターユニットとエンジンブロックは共用とのことだが、488GTB用としてよりハイパワー、かつハイレスポンスな味付けがなされており、カリフォルニアTより110psと0.5kgm強力な670ps/8000rpmと77.5kgm/3000rpmを発生する。スーパースポーツカーの世界は、もはやラインナップの中核に位置するモデルですら600psオーバーを豪語するようになった。まったくすごい時代になったものだ。

フィオラーノ・サーキットのメインストレートを行く「488GTB」。ちなみにこのストレートの長さは782mあり、ストレートエンドで488GTBは220km/hを優に超える。
フィオラーノ・サーキットのメインストレートを行く「488GTB」。ちなみにこのストレートの長さは782mあり、ストレートエンドで488GTBは220km/hを優に超える。
フィオラーノ・サーキット(正式名はピスタ・ディ・フィオラーノ)の全長は約2.98km。途中に立体交差があるテクニカルなコースで、12のコーナーからなる。
フィオラーノ・サーキット(正式名はピスタ・ディ・フィオラーノ)の全長は約2.98km。途中に立体交差があるテクニカルなコースで、12のコーナーからなる。
「488GTB」のインテリア。エアコンの吹き出し口の形状やセンターコンソールなど、細かく見るとさまざまな箇所のデザインが変更されているが、基本的なレイアウトは「458」シリーズのものを継承している。
「488GTB」のインテリア。エアコンの吹き出し口の形状やセンターコンソールなど、細かく見るとさまざまな箇所のデザインが変更されているが、基本的なレイアウトは「458」シリーズのものを継承している。
従来の4.5リッター自然吸気ユニットと比べ、3.9リッターツインターボユニットはエンジン高が見るからに低い。エンジン単体の重心は5mm低められている。
従来の4.5リッター自然吸気ユニットと比べ、3.9リッターツインターボユニットはエンジン高が見るからに低い。エンジン単体の重心は5mm低められている。
車名の「488」とは1気筒当たりの排気量を示している。
車名の「488」とは1気筒当たりの排気量を示している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

488GTBの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る