ヨコハマの新スタッドレス iceGUARD 5 PLUS登場

2015.06.22 自動車ニュース

ヨコハマの新スタッドレスタイヤ「アイスガード ファイブ プラス」登場

横浜ゴムは2015年6月22日、乗用車用スタッドレスタイヤブランド「iceGUARD(アイスガード)」の新製品「アイスガードiG50」(以下、通称:アイスガード ファイブ プラス)を、同年8月1日から順次発売すると発表した。

今回の「アイスガード ファイブ プラス」は、従来品「アイスガード ファイブ」の「氷に効く」「永く効く」「燃費に効く」という3つのコンセプトを継承しながら、スタッドレスタイヤで特にニーズの高い氷上性能と省燃費性能のさらなる向上を目指して開発された。

氷上性能においては、従来の「新マイクロ吸水バルーン」「ブラックポリマーⅡ」に加え、従来比で最大30倍の大きさとなる「エボ吸水ホワイトゲル」を新たに採用。これにより路面への密着性を高めるとともに、スリップの原因となる氷表面の水膜吸水率をアイスガード ファイブ比で20%向上させている。
トレッドパターンは、氷上・雪上路面に最適化された従来の非対称パターンを継承。進化した「スーパー吸水ゴム」との相乗効果によって、氷上制動性能はアイスガード ファイブ比で7%向上したという。

省燃費性能では、新開発の「低発熱ベースゴム」をトレッド下層に採用することで、タイヤの剛性を保ちつつ、エネルギーロスを低減させた。また、低燃費タイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」の先進サイドプロファイル技術である「たわみ制御プロファイル」を継続採用。これらにより、転がり抵抗をアイスガード ファイブ比で7%低減している。

サイズは135/80R13 70Q~265/35R19 94Qの全104サイズで、価格はオープンプライス。

(webCG)
 

「ヨコハマ・アイスガードiG50(通称:アイスガード ファイブ プラス)」
「ヨコハマ・アイスガードiG50(通称:アイスガード ファイブ プラス)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。