新型軽乗用車「N BOX(エヌボックス)」
ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力

ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力

本田技研工業は、第42回東京モーターショーにおいて、電気自動車と軽自動車を前面に押し出したブースを展開。新型軽自動車「N」シリーズのバリエーションも展示されている。


ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力

ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力
「マイクロコミューターコンセプト」
ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力

■「フィットEV」は2012年夏に発売

細長いブースに二輪、四輪をずらりと並べたホンダブース。中央のステージには、後輪駆動の2シーターEVスポーツ「EVスター」とEVコミューターの「マイクロコミューターコンセプト」が、ホンダのEVにかける強い思いを表している。

プレスコンファレンスに登場した伊東孝紳社長は、「EVスターは、ホンダが提案するまったく新しい次世代EVスポーツで、走る喜びを最大限に具現化しました。この東京モーターショーを皮切りに、現在市販に向けて開発中のハイパフォーマンススポーツモデルなども順次ご紹介させていただきますので、ぜひともご期待ください」とあいさつした。

マイクロコミューターコンセプトには、往年の「モトコンポ」をほうふつとさせるEVスクーター「モーターコンポ」が搭載可能。「マイクロコミューターコンセプトとモーターコンポは、都市中心部での移動を想定し、二輪、四輪の各研究所がコラボレーションして生まれた新しい発想のモデルです。さらに、中・長距離移動のプラグインハイブリッド『AC-X』、燃料電池電気自動車『FCXクラリティ』まで、多様な電動モビリティーの可能性を提案していきたいと思います」(伊東社長)と、電動化技術の開発を加速させたい考えだ。

2012年夏には、現在、日米中で実証実験を行っている「フィットEV」を日本でもリース販売するというホンダ。EVで先行する三菱、日産を追い上げられるのか、2012年の動きに注目である。

2シーターEVスポーツ「EVスター」
ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力
「Nコンセプト」
ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力
「フィットEV」
ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力

■Nシリーズが続々登場

一方、“日本でもっとも競争の厳しい市場”とされる軽自動車市場には、新設計のプラットフォームとパワートレインを採用するハイトワゴン「N BOX」を投入。さらにホンダは、Nシリーズとして、「Nコンセプト3」をベースとしたモデルを2012年春に、また、「Nコンセプト4」をベースとしたモデルを2012年秋にそれぞれ市販化し、「2012年の軽自動車の販売台数は、今年の倍となる28万台を目指す」(常務執行役員 日本営業本部長 峯川 尚氏)と意気込む。

なお、Nコンセプトに搭載される新しいエンジンとトランスミッションは「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」として展開。さらにディーゼルエンジンや新型CVTなどの投入で「3年以内に各カテゴリーで燃費No.1を目指す」(伊東社長)と宣言。長期的には「全世界で販売する二輪、四輪、汎用(はんよう)製品のCO2排出量を、2020年に2000年比で30%低減するという目標を掲げ、取り組んでいく」という。

「環境性能に優れ、ワクワクドキドキできる商品を提供するために私は、就任時より“画びょうのようなとがった商品”を開発できる体制づくりを進めてきました」という伊東社長。その途中経過が、ホンダブースで確認できる。

(文と写真=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。