第404回:イタリアンファッションを見れば、次の流行のボディー色がわかる?

2015.06.26 エッセイ

ドライビングシューズも新作続々

世界屈指のメンズモード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ(以下、ピッティ)」が2015年6月16日から19日までの4日間、イタリア・フィレンツェで開催された。2016年春夏ファッションの動向をさぐる今回は、1178のブランドが軒を連ねた。その中から、クルマにまつわるものを紹介しよう。

まずは、ドライビングシューズから。
英国「ハリーズオブロンドン」の新作は、日本ではピロー(枕)のクッション素材として知られる「テクノジェル」をインソールに用いたモカシンである。大胆なエンボスはマッサージ効果が期待できるが、通常のソールで履きたいときのためにリバーシブル構造になっている。
一方、これまでレディースの印象が強い「フルラ」が、今期はユニセックスのラインをリリースしたのに合わせて、ドライビングシューズもフィーチャーしている。
スタッフの説明によれば、100%メイドインイタリーで、イタリア伝統の皮革工芸の地域であるフィレンツェで高品質な縫製が行われる。フルラにとって初ジャンルゆえプライスが気になるが、イタリア価格で250~500ユーロ(3万5000~7万円)台になるという。

 

 

 

第88回「ピッティ・イマージネ・ウオモ」の会場で。
「ハリーズオブロンドン」の新作ドライビングシューズ。インソールはリバーシブルで、マッサージ効果のある「テクノジェル」を用いたエンボスとノーマルの双方を使い分けられる。
「フルラ」はフットウェアの中にドライビングシューズをリリースした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。