スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)/アルトラパンG(FF/5AT)

“うさぎ印”の是非を問う 2015.06.29 試乗記 唯一無二の魅力か? それとも購入をためらわせるハードルか? 女性比率9割という“うさぎ印”の軽乗用車、新型「スズキ・アルトラパン」に横浜で試乗。丸くて四角い3代目の実力と、伝統の「うさぎマーク」に対する世の反響(?)をチェックする。

マークのことはひとまず忘れて……

「40過ぎの女がうさぎマークのついたクルマに乗るなんて、イタ過ぎでしょう!」 

20~30代の女子を中心に、ユーザーの約9割を女性が占めるという「アルトラパン」。初代から2代目へと受け継がれたシンプルな箱型ボディーは、遠目から見ても“ラパン”とわかる特徴的なもので、個人的には好きな形でした。でも、唯一「買えないな」と思っていた理由が、初代から採用されている「うさぎマーク」。
2002年に初代が登場してから10年余り、ラパン女子たちは、年齢を重ね40~50代になっても、引き続きこのクルマに乗り続けることができるのでしょうか? 先代は「うさぎ小屋か!?」というほど、一台のなかに50匹ものうさぎをあちこちに飼っていたんですよ。そんなファンシーなクルマにイイオトナが乗るっていうのは、中高生の娘とおそろいのミニスカート履いて出掛けるぐらい、イタさ全開でしょう!? 

エンブレムの「うさぎマーク」の件はいったん忘れ、それ以外のデザインに目を向けていきます。エクステリアは、角張ったデザインが特徴的だった先代に比べ、パンのようにふっくらした、スズキいわく「まる しかくい」フォルム。「ずいぶん丸くなったなぁ」とも感じますが、真横から見ると四角いフォルムは健在で、しっかり“ラパンしている”んですよね。ヘッドランプと一体感を持たせたシルバーのグリルも、上品で好感が持てます。ブラウンとネイビーという2色のモールで“裾まわり”をモールディングしたり、ホイールを花のモチーフでドレスアップしたり、洋服をコーディネートするようにカラーやパーツを選べるのも、自分だけのおしゃれにこだわる女子にはうれしい工夫です。

ドアを開けると、明るいベージュのインテリアに気分も上々。キルティング加工風の天井や、「まる しかくい」エアコンの吹き出し口、ナチュラルな木目調のテーブルもオシャレ。中央のタッチパネル式モニターは画面が大きく操作もしやすいし、運転席からはしっかりとフロント左右角が見下ろせ、見切りがいいのもポイント高いです。
中でも、私のイチオシ装備は、スピードメーター。トンネル内でライトを点灯させると、白い文字盤がキラッと光るなか、数字が浮き上がって見えて、とってもキレイ! 聞けば、通常、文字盤とガラス面のみで構成されているところに、数字を印字したガラスを1枚挟むことで、文字盤を立体的に見せているのだとか。こういう細かい仕掛けに、女子はときめいちゃうんですよね~。

激しく気にしていた「うさぎマーク」はというと、新型ではかなり数が抑えられ、インテリアで目につくところはメーター内程度と控えめになっていました。これなら、エンブレムさえなんとかなれば、オーバー40でも恥ずかしくなく乗れるかも?

初代、2代目と続いてきた四角いスタイルから一新。3代目「アルトラパン」は丸みを帯びたフォルムで登場した。
初代、2代目と続いてきた四角いスタイルから一新。3代目「アルトラパン」は丸みを帯びたフォルムで登場した。
最上級グレード「X」のインテリア。木目調のダッシュボードと、セラミック(陶器)調のカラーパネルが目を引く。
最上級グレード「X」のインテリア。木目調のダッシュボードと、セラミック(陶器)調のカラーパネルが目を引く。
置時計をモチーフにしたというメーター。下部のディスプレイでは、イグニッションオン/オフのたびに、うさぎのキャラクターがオーナーにごあいさつ。ちなみに、このアニメーションもスズキのデザイナーが手がけたものなのだとか。
置時計をモチーフにしたというメーター。下部のディスプレイでは、イグニッションオン/オフのたびに、うさぎのキャラクターがオーナーにごあいさつ。ちなみに、このアニメーションもスズキのデザイナーが手がけたものなのだとか。
ルーフには、キルティングの生地を思わせる加工が施されている。
ルーフには、キルティングの生地を思わせる加工が施されている。
初代から受け継がれているフロントグリルの「LAPIN」マーク。
初代から受け継がれているフロントグリルの「LAPIN」マーク。
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ホンダN-ONEの低全高モデルに廉価な新グレード 2015.12.18 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-ONE」に新グレード「G・ローダウン ベーシック」を設定。ほか2グレードより価格を抑えた、低全高モデルのエントリーグレードとなっている。また既存の2グレードについては、ボディーカラーに新たにモノトーンを追加設定した。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
ホームへ戻る