アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)

すべてはドライバーの喜びのために 2015.06.26 試乗記 カーボンモノコックのシャシーに最高出力240psの直噴ターボエンジンをミドシップ搭載した「アルファ・ロメオ4C」に試乗。軽量・高剛性のボディーがもたらす走りの実力に触れた。

たとえスーパーカーが相手だとしても

いや、速い。コイツは速い。何度乗っても感銘を受ける。そりゃ600psだとか700psだとかのスーパーカーと比べてしまえば、こちらはたった240psにすぎない。パワー不足を感じはするし、ヨーイドンで全開加速を競えば後れを取るのも確かだろう。でも、質量というものをほとんど意識させることなく、いきなり直線的に立ち上がって目覚ましい勢いでスピードに乗っていくその加速の鋭さを体感し、それでもスロットルを全開にし続けていけるドライバーがいるならば、それは相当にスーパーカー慣れしているか、あるいは頭のネジが2、3本外れちゃってる人であるに違いない。多くの場合は、タイトなコックピットに充満する、ダウンサイジング系の直噴ターボにしてはえらくはじけの利いている獰猛(どうもう)なサウンドにもどう喝されて、こんだけ速けりゃ十分だろ、とばかりにスロットルを戻すことになるだろう。

しかもツイスティーな道に入り込めば、このクルマは600ps級が来ようが700ps級が来ようが、恐れる必要なんてない。静止状態から100km/hに達するまでは4.5秒の時間を要するが、そこからピタリと停止するまでたった35mの距離しか必要としない強力なストッピングパワー。あらゆる速度域のコーナーを、とんでもないスピードで、見えないレールでもあるかのように正確に、次々とあっさりクリアし続ける驚異的なシャシーのパフォーマンス。腕に覚えがあるドライバーなら、自重で300kgほども重い大パワー系スーパーカーを少しずつ突き放していくことも、そう難しい話じゃない。そのコーナリングスピードは、クルマが限界を超えるより先にドライバーの感覚が限界を迎えてしまうレベルだ。

だが、そうした途方もない状況にクルマや自分を追い込まなくても、全方位的にダイレクトでレスポンシブで素直だから、ただ走らせているだけでも十分に楽しく気持ちいい、というのがまた素晴らしいところ。軽量+高剛性というのは本当に素晴らしい。アルファ・ロメオ4C──コイツは徹頭徹尾、ドライバーを喜ばせるために作られたスポーツカーなのだと心から思うのだ。

(文=嶋田智之/写真=藤井元輔/取材協力=ガレーヂ伊太利屋)

【スペック】
全長×全幅×全高=3990×1870×1185mm/ホイールベース=2380mm/車重=1100kg/駆動方式=MR/エンジン=1.7リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(240ps/6000rpm、35.7kgm/2100-4000rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=12.1km/リッター(JC08モード)/価格=806万7600円

 

「アルファ・ロメオ4C」のインテリア。サイドシルなど、各所にモノコックを形成するカーボン素材がのぞいている。
「アルファ・ロメオ4C」のインテリア。サイドシルなど、各所にモノコックを形成するカーボン素材がのぞいている。
ミドシップ搭載される、吸排気バルブタイミング機構付き1.7リッター直4直噴ターボエンジン。240psの最高出力と35.7kgmの最大トルクを発生する。
ミドシップ搭載される、吸排気バルブタイミング機構付き1.7リッター直4直噴ターボエンジン。240psの最高出力と35.7kgmの最大トルクを発生する。
シートの仕様は全部で4種類。いずれもホールド性を重視したハイバックタイプで、ヘッドレストにアルファ・ロメオのエンブレムが刺しゅうされている。
シートの仕様は全部で4種類。いずれもホールド性を重視したハイバックタイプで、ヘッドレストにアルファ・ロメオのエンブレムが刺しゅうされている。
「アルファ・ロメオ4C」のリアビュー。外観デザインは、1960年代に活躍した「ティーポ33/2ストラダーレ」をモチーフにしたという。
「アルファ・ロメオ4C」のリアビュー。外観デザインは、1960年代に活躍した「ティーポ33/2ストラダーレ」をモチーフにしたという。
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る