アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)

すべてはドライバーの喜びのために 2015.06.26 試乗記 カーボンモノコックのシャシーに最高出力240psの直噴ターボエンジンをミドシップ搭載した「アルファ・ロメオ4C」に試乗。軽量・高剛性のボディーがもたらす走りの実力に触れた。

たとえスーパーカーが相手だとしても

いや、速い。コイツは速い。何度乗っても感銘を受ける。そりゃ600psだとか700psだとかのスーパーカーと比べてしまえば、こちらはたった240psにすぎない。パワー不足を感じはするし、ヨーイドンで全開加速を競えば後れを取るのも確かだろう。でも、質量というものをほとんど意識させることなく、いきなり直線的に立ち上がって目覚ましい勢いでスピードに乗っていくその加速の鋭さを体感し、それでもスロットルを全開にし続けていけるドライバーがいるならば、それは相当にスーパーカー慣れしているか、あるいは頭のネジが2、3本外れちゃってる人であるに違いない。多くの場合は、タイトなコックピットに充満する、ダウンサイジング系の直噴ターボにしてはえらくはじけの利いている獰猛(どうもう)なサウンドにもどう喝されて、こんだけ速けりゃ十分だろ、とばかりにスロットルを戻すことになるだろう。

しかもツイスティーな道に入り込めば、このクルマは600ps級が来ようが700ps級が来ようが、恐れる必要なんてない。静止状態から100km/hに達するまでは4.5秒の時間を要するが、そこからピタリと停止するまでたった35mの距離しか必要としない強力なストッピングパワー。あらゆる速度域のコーナーを、とんでもないスピードで、見えないレールでもあるかのように正確に、次々とあっさりクリアし続ける驚異的なシャシーのパフォーマンス。腕に覚えがあるドライバーなら、自重で300kgほども重い大パワー系スーパーカーを少しずつ突き放していくことも、そう難しい話じゃない。そのコーナリングスピードは、クルマが限界を超えるより先にドライバーの感覚が限界を迎えてしまうレベルだ。

だが、そうした途方もない状況にクルマや自分を追い込まなくても、全方位的にダイレクトでレスポンシブで素直だから、ただ走らせているだけでも十分に楽しく気持ちいい、というのがまた素晴らしいところ。軽量+高剛性というのは本当に素晴らしい。アルファ・ロメオ4C──コイツは徹頭徹尾、ドライバーを喜ばせるために作られたスポーツカーなのだと心から思うのだ。

(文=嶋田智之/写真=藤井元輔/取材協力=ガレーヂ伊太利屋)

【スペック】
全長×全幅×全高=3990×1870×1185mm/ホイールベース=2380mm/車重=1100kg/駆動方式=MR/エンジン=1.7リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(240ps/6000rpm、35.7kgm/2100-4000rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=12.1km/リッター(JC08モード)/価格=806万7600円

 

「アルファ・ロメオ4C」のインテリア。サイドシルなど、各所にモノコックを形成するカーボン素材がのぞいている。
「アルファ・ロメオ4C」のインテリア。サイドシルなど、各所にモノコックを形成するカーボン素材がのぞいている。
ミドシップ搭載される、吸排気バルブタイミング機構付き1.7リッター直4直噴ターボエンジン。240psの最高出力と35.7kgmの最大トルクを発生する。
ミドシップ搭載される、吸排気バルブタイミング機構付き1.7リッター直4直噴ターボエンジン。240psの最高出力と35.7kgmの最大トルクを発生する。
シートの仕様は全部で4種類。いずれもホールド性を重視したハイバックタイプで、ヘッドレストにアルファ・ロメオのエンブレムが刺しゅうされている。
シートの仕様は全部で4種類。いずれもホールド性を重視したハイバックタイプで、ヘッドレストにアルファ・ロメオのエンブレムが刺しゅうされている。
「アルファ・ロメオ4C」のリアビュー。外観デザインは、1960年代に活躍した「ティーポ33/2ストラダーレ」をモチーフにしたという。
「アルファ・ロメオ4C」のリアビュー。外観デザインは、1960年代に活躍した「ティーポ33/2ストラダーレ」をモチーフにしたという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • FCA合同試乗会(後編)【試乗記】 2016.4.23 試乗記 大磯ロングビーチで開催されたFCA合同試乗会。リポートの後編では、アルファ・ロメオとフィアットの3台を紹介。広大な駐車場に作られた本格ジムカーナコースは、これまで幾度となくステアリングを握ってきた各モデルについて、いったいどんなことを教えてくれるのか?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る