カロッツェリア「サイバーナビ」
2015年カーナビで行く圏央道-「大栄JCTー神崎IC」

2015.07.02 特集
カロッツェリア「AVIC-VH0999S」
オープン価格
(市場想定価格20万円前後)
カロッツェリア「AVIC-VH0999S」
    オープン価格
    (市場想定価格20万円前後)

新採用の定額音楽配信サービスが快適な音楽クルーズを約束する

ARスカウターモードにスマートループアイ、ロードクリエイターなど、独自の機能を数多く搭載する、カロッツェリア「サイバーナビ」。2015年モデルは定額音楽配信で、エンターテインメント性を磨いた!


カロッツェリア「サイバーナビ」2015年カーナビで行く圏央道-「大栄JCTー神崎IC」の画像
圏央道未開通区間の建設の痕跡を探して走っていたらのどかな田園風景に出会う。いずれこの辺りに道路が通るかも。
圏央道未開通区間の建設の痕跡を探して走っていたらのどかな田園風景に出会う。いずれこの辺りに道路が通るかも。

定額音楽配信サービスに対応

区間ごとに開通が相次ぐ圏央道のなかで、最も新しい開通区間が6月7日に開通した大栄JCT~神崎IC区間だ。大栄JCTは東関道の成田のすぐ先。神崎ICの北側は、つくば中央まではすでに開通しており、今回の大栄JCT~神崎IC間が開通することで、成田空港から都心を通らずに常磐道へ行けるようになった。また常磐道~北関東道経由、または常磐道~磐越道経由で東北道にもつながる高速道路網ができたし、順調に計画が進めば平成27年度中につくば中央IC~境古河IC間と、白岡菖蒲IC~桶川北本IC間も開通する予定。そうなると、東北道や関越道に行くのも都心を迂回(うかい)できるわけで、成田空港に到着した外国人観光客向けのツアーにも新たなルートの可能性が出てくる。経済効果がかなり期待できる開通といえるだろう。

この最新ルートを走ってみたのは、カロッツェリアの最上位グレード、サイバーナビ。6月から販売を開始した最新の2015年モデルである。試乗車の「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」に搭載していたのは、7V型ワイドインダッシュTVとナビ本体が独立した1DIN+1DINセパレートタイプの「AVIC-VH0999S」である。末尾のSはスカウターユニットを標準装備しているという意味で、スカウターユニットのないベーシックな「AVIC-VH0999」もある。なお、昨年までヘッドアップディスプレイを標準装備したモデルもあったが、今年のモデルではヘッドアップユニットはすべてオプション扱いになっている。

最新のAVIC-VH0999Sだが、ナビ機能自体は昨年モデルとほとんど変わっていない。「ナビ機能に関しては、昨年の時点でほぼ完成形だから」というのがその理由だ。確かに、自車位置の測位精度は群を抜いて優れているし、長年蓄積してきたプローブ情報をもとにしたスマートループ渋滞情報は、きめ細かく渋滞を表示できるだけでなく、目的地まで早く着くクオリティーの高いルートを提供してくれる。また、スカウターとプローブを組み合わせ、先の道路状況を車内にいながら写真で確認できるスマートループアイという機能もサイバーナビならでは。完成形というのもうなずける。

とはいえ、なにも新機能を加えなかったわけではない。2015年モデルに新たに加わったのは、ミュージッククルーズチャンネルというエンターテインメント機能。レコチョクと共同で開発した音楽定額配信サービスで、スマートフォンを利用して多彩な音楽をストリーミング再生できる。まあ、スマホアプリ利用の音楽ストリーミングなら、インターネットラジオを聴いたりすればいい話だが、チャンネルの多彩さとサイバーナビのタッチパネルで操作ができるあたりがミュージッククルーズチャンネルの持ち味。歌詞表示やノンストップミックス再生ができるのも特徴だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「カーナビの達人2015 SUMMER」の過去記事リストへ