黒が決め手の特別な911カレラ/ボクスター発売

2015.06.24 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラ ブラックエディション」
「ポルシェ911カレラ ブラックエディション」

黒が決め手の特別な「911カレラ/ボクスター」発売

ポルシェ ジャパンは2015年6月24日、「ポルシェ911カレラ」「ポルシェ・ボクスター」の特別仕様車「ブラックエディション」を発表した。同年6月25日から受注を開始する。

 

911カレラとボクスターのブラックエディションは、ブラックで統一された内外装が特徴の特別仕様車。前者911カレラは350psの3.4リッターモデルが、後者のボクスターは265psを発生する2.7リッターモデルがベースとなっており、共通の装備として、スポーツデザインステアリングホイール、自動防眩(ぼうげん)ミラー、レインセンサー、クルーズコントロールが与えられる。

このうち「911カレラ ブラックエディション」には、クーペボディーとカブリオレの2タイプが用意され、それぞれ後輪駆動モデルと4WDモデルがラインナップ。
20インチの911ターボホイールや、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステムプラス(PDLS+)を内蔵したLEDヘッドライト、リアビューカメラを含む前後のパークアシストシステム、運転席と助手席のヒーター付きスポーツシート、Boseサウンドシステムなどが標準で備わっている。

「ボクスター ブラックエディション」は、20インチのカレラ クラシックホイールとPDLSを内蔵したバイキセノンヘッドライト、2ゾーンオートマチッククライメートコントロール、ヒーター付きシート(運転席および助手席)、サウンドパッケージ・プラスを装備する。

価格は、以下の通り。

・ボクスター ブラックエディション(6MT):731万円
・ボクスター ブラックエディション(7AT):788万円
・911カレラ ブラックエディション(7MT):1239万円
・911カレラ ブラックエディション(7AT):1316万円
・911カレラ カブリオレ ブラックエディション(7AT):1471万円
・911カレラ4 ブラックエディション(7MT):1353万円
・911カレラ4 ブラックエディション(7AT):1430万円
・911カレラ4 カブリオレ ブラックエディション(7AT):1553万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る