ケンウッド「彩速ナビ」
2015年カーナビで行く圏央道-「寒川北ICー海老名JCT」

2015.07.03 特集
ケンウッド「MDV-Z702」
オープン価格(市場想定価格14万円前後)
ケンウッド「MDV-Z702」
    オープン価格(市場想定価格14万円前後)

ハイレゾ音源の再生が可能に。
「彩」「速」に「高音質」が加わった!

彩り鮮やかな映像と操作レスポンスの速さに定評があるケンウッド彩速ナビ。2015年モデルは最上位グレードのタイプZがハイレゾ再生に対応。「彩」「速」に加えて「高品質」も身につけた!


ケンウッド「彩速ナビ」2015年カーナビで行く圏央道-「寒川北ICー海老名JCT」の画像
かつて測位テストを行った新湘南バイパスの高架下の道路を通り、いきなり測位テストを実施してみたがまったくズレることなく完璧に走りきった。
かつて測位テストを行った新湘南バイパスの高架下の道路を通り、いきなり測位テストを実施してみたがまったくズレることなく完璧に走りきった。

いきなり測位テスト、その結果は?

東名高速よりも北側は昨年6月に相模原愛川IC~高尾山IC間が開通したことで、中央道から関越道を越えて、東北道の一歩手前の桶川北本まで一気につながった圏央道。ところが東名の南側は、新湘南バイパスに接続する茅ヶ崎JCTと寒川北ICまでは2年前に開通していたものの、海老名JCT~寒川北IC間は歯抜け状態。ここが、今年3月8日に開通したことで、関越や中央道、東名方面から湘南エリアへの移動がスムーズになった。その逆もしかり。すでに経済の活性化が数字で表れているようだ。

それを確かめるため、横浜から横浜新道を通って茅ヶ崎方面へ向かう。途中通る新湘南バイパスは、カーナビの達人にとっては思い出深い道。この高架下の道で、測位テストを行ってきたからだ。というわけで、急きょ、測位テスト。以前の本格テストでは藤沢側からスタートし、茅ヶ崎中央の手前でUターンして1周するコースだったが、今回は片道。Uターンせずに、そのまま茅ヶ崎方面へ向かう。それでも高架下をくねくね曲がりながら進む、カーナビの測位にとって厳しい道は健在。テストの結果は果たして?

いやはや、一生懸命、測位テストをしていた頃と比べると隔世の感がある。まったくズレることなく測位が安定しているのだ。以前なら、走行途中に高架の上の道にマッチングしたり、往路を走っているときに復路にマッチングしたり、交差点で止まった時の位置がずれていたり、測位を完璧にこなすナビのほうが珍しかったのだが、ケンウッド彩速ナビは、そんな難コースを走っているようなそぶりをまったく見せず、走行中の道を安定してトレースする。この道で、これほどの測位性能を示すのであれば、全国どこの道を走っても大丈夫だろう。そんな安心感がある。もちろん、そこには地図データに道路の傾斜データを組み込むなど、測位性能を向上させるための技術を、ケンウッド彩速ナビが採用しているおかげでもある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「カーナビの達人2015 SUMMER」の過去記事リストへ