ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ (4WD/7AT)

キング・オブ・スーパーカー 2015.07.02 試乗記 「ランボルギーニの本質を体現したモデル」とうたわれる、特別な限定車「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」。サーキットで試乗した“猛牛”は、スタンダードモデルとは似て非なる実力の持ち主だった。

その名に恥じぬスペシャルモデル

ランボルギーニを愛するマニアにとって、SVの名前は特別だ。
1971年に登場した「ミウラP400SV(スプリント・ヴェローチェ)」、1996年の「ディアブロSV(スポルト・ヴェローチェ)」、2009年の「ムルシエラゴLP670-4 SV(スーパー・ヴェローチェ)」と、いずれもマニア垂涎(すいぜん)のモデルばかりがその名を掲げてきた。

そして、2015年春。ジュネーブモーターショーにて、新たなSV伝説が誕生した。4年前にサンターガタが世に送り出したフラッグシップモデル、アヴェンタドールにも、SVを名乗るスペシャルモデルが加わったのだ。
その名も、アヴェンタドールLP750-4 SV(スーパー・ヴェローチェ)。ムルシエラゴ以来の慣習にのっとって、車名の「LP」はエンジンが縦置きであることを、「750」は馬力を、「4」は4WDを表している。

世界限定600台。日本市場向けの割り当て分は、すでに完売御礼という。乗り出し価格で5000万円を軽く超えるモデル。何とも豪気な話だが、注文した人はきっとアヴェンタドールのスタンダードモデルの実力を知っているからこそ、そのプラスアルファの価値を乗らずに判断できたに違いない。
実際に、バルセロナのGPサーキットでアヴェンタドールSVを全力で試すことができた筆者の今の思いはというと、こうだ。購入を即断したあなたの判断は間違っていなかった。うらやましい! そのひと言である。

ノーマルからSVへ、数あるグレードアップのなかでも、注目すべきポイントは大きく分けて3つある。そのうち2つはランボルギーニのフラッグシップとして最も重要なポイント、すなわち、スタイリングとエンジンパフォーマンス。で、残る1つはシャシー性能だ。
順を追って簡単に解説しておこう。

「ランボルギーニの本質を最もピュアな形で体現した」とされる、「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(以下SV)」。2015年3月のジュネーブモーターショーでデビューした。
「ランボルギーニの本質を最もピュアな形で体現した」とされる、「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(以下SV)」。2015年3月のジュネーブモーターショーでデビューした。
インテリアは、ブラックのアルカンターラ仕立てが標準。ほかに5色が用意される。カスタマイズプログラムで自分好みの仕様とすることも可能だ。
インテリアは、ブラックのアルカンターラ仕立てが標準。ほかに5色が用意される。カスタマイズプログラムで自分好みの仕様とすることも可能だ。
今回の試乗会は、F1世界選手権も開催されるスペインのサーキット・デ・カタルーニャを舞台に行われた。
今回の試乗会は、F1世界選手権も開催されるスペインのサーキット・デ・カタルーニャを舞台に行われた。
フロントまわり。両サイドには、専用のカーボン製エアインテークが設けられている。
フロントまわり。両サイドには、専用のカーボン製エアインテークが設けられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。