パナソニック「美優ナビ」
2015年カーナビで行く圏央道-「久喜白岡JCTー境古河IC」

2015.07.01 特集
パナソニック「CN-RX01WD」
オープン価格(市場想定価格18万円前後)

ブルーレイが再生可能。
オプションも充実の「美優ナビ」

「美優Navi」の名のもとに登場したパナソニック・ストラーダの最新機。上位グレードのRXシリーズは、ブルーレイの再生に対応し、美しい映像を獲得した。安全性を考えたオプションの充実ぶりもすごい!


圏央道・桶川北本ICよりも東側は未開通(平成27年度中に開通の予定)だが、美優Naviの地図は破線で開通予定の道路が表示されている。
桶川北本ICの先は工事が着々と進んでいて、予定どおり開通されそうな気配を感じさせる。

現時点で唯一、ブルーレイの再生ができるナビ

関越道から西は中央道、東名を越えて茅ヶ崎までが圏央道でつながり、常磐道から東も圏央道で東関道と接続した。唯一取り残されているのが東北道で、圏央道とは接続してはいるものの、その先が未開通なためいまだどの高速道路とも接続できていない。しかし、それも本年度中に解消する予定だ。このエリアの開通状況をいえば、まず今年3月29日、東北道の久喜白岡JCTから圏央道の堺古河ICまでが開通。その先の境古河IC~つくば中央IC間と、久喜白岡JCTより西の圏央道・白岡菖蒲IC~桶川北本IC間も本年度中の開通を目指しており、工事が完成すれば茅ヶ崎から東関道の大栄JCTまで、圏央道1本で行けるようになる。圏央道の利便性が一気に増すのだ。そんな期待を込めて、先に開通済みの久喜白岡JCT~堺古河IC間を走ってみた。

ドライブのお供は、昨年秋に登場したパナソニックのAVナビ、ストラーダの最上位モデル「美優Navi」。この美優Naviには、プレミアムモデルの「RXシリーズ」とスタンダードモデルの「RSシリーズ」の2グレードがあり、試乗車に載っていたのはRXシリーズの横幅200mmワイドボディー機「CN-RX01WD」。このRXシリーズは、ブルーレイ・ディスク(BD)の再生が可能なのが最大の特徴だ。というのも、以前は純正ナビ(ディーラーオプション)にBDを再生できるモデルが存在していたが、今は販売が終了している。つまり、現時点でカーナビの内蔵プレーヤーでBDを再生できるのは、この「美優Navi」RXシリーズのみ。唯一無二の存在なのだ。

美優Naviの名前が示すとおり、美しさと優しさがコンセプト。「美」のひとつがBD再生であり、BDをはじめ地デジなどのさまざまな映像ソースをより美しい画質で楽しめるように、高画質エンジンを搭載しているし、地図そのものも配色を変えるなど一新して美にこだわった。そして「優」。こちらは別売のカメラ付きリアモニターと組み合わせることで、リアシートの状況をカーナビの画面で確認できたり、オプションのフロントインフォディスプレイ(FID)を付ければ視線を大きく動かさずに道案内を確認できたりと、同乗者にもドライバーにも優しい設計。安全サポートにはとくに力を入れていて、制限速度を画面に大きく表示するなどの機能も搭載した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「カーナビの達人2015 SUMMER」の過去記事リストへ