メルセデス・ベンツGL350ブルーテック4MATIC(4WD/7AT)

佳き時代のメルセデス 2015.07.03 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載したメルセデス・ベンツの3列7人乗りSUV「GL350ブルーテック4MATIC」に試乗。同門のSUVである「Mクラス」や「Gクラス」とは違う、このクルマならではの魅力に触れた。

「M」や「G」に埋もれがち?

現状の日本市場におけるメルセデスのラインナップで、3列7シーターモデルといえばまず思い浮かぶのは「Vクラス」だろう。しかしこちらはそれなりの目的意識がなければ、パーソナルカーとして選択しづらくもある。

となると、残るは「GLクラス」だ。3列目の着座環境はこの手のクルマのご多分に漏れずオケージョナルながら、大きな図体(ずうたい)を生かして足元空間はそれなりに確保できているので、帰省時に祖父母と連れだって食事に出掛けるというような使い方には、十分に対応できる。普段はそのシートを床下に格納しておくことで、3列目までを大きな荷室として使うこともできるし、さらに2列目まで倒せば、前後長1900mm以上という広いスペースをほぼフラットな状態で用いることも可能だ。ちなみに3列目シートの折り畳みは完全電動式を標準とするなど、GLはメルセデスのSUVらしく快適装備も充実している。

……と、ちょっと説明めいたことを書いてみたのには2つの理由がある。ひとつは間もなく「GLE」と改名する「Mクラス」に対して、GLクラスの機能的差異が広く理解されていなさそうなこと。もうひとつはアイコンたるGクラスに対して、GLクラスのプライオリティーがいまいちであること、だ。いずれも個人的感想というやつだが、あながち的外れな話でもないと思う。

そんなGLクラスに先ごろ追加されたモデルが、350ブルーテック4MATIC。MクラスやGクラスなどにすでに展開しているディーゼルユニットの搭載は既定路線ながら、3列シートの4WDでディーゼルという組み合わせにライバルは少なく、「三菱パジェロ」や「トヨタ・ランドクルーザープラド」といった日本車に限られる。相応にニッチではあるものの、GLクラスの特長が最大限に生かされたグレードとして興味深い。ちなみにお値段ジャスト1000万円と、V8ガソリンモデルの「GL550 4MATIC」より350万円以上も安い。さらに、同じディーゼルを積む「ML350ブルーテック4MATIC」に対しては170万円ほど高いものの、「G350ブルーテック」に対しては若干安く……と価格設定はけっこう絶妙。姿形やタッチにほれてGクラスを求めたくも、どうしても後ろ髪を引かれる好敵手……というのが個人的な印象だ。

「GLクラス」は2006年に登場したメルセデス・ベンツの大型SUVである。現行モデルは2代目に当たり、日本では2013年4月にデビュー。2015年1月に、クリーンディーゼルの「GL350ブルーテック4MATIC」が追加された。
「GLクラス」は2006年に登場したメルセデス・ベンツの大型SUVである。現行モデルは2代目に当たり、日本では2013年4月にデビュー。2015年1月に、クリーンディーゼルの「GL350ブルーテック4MATIC」が追加された。
「GL350ブルーテック4MATIC」の内装色は黒のモノトーンが標準だが、オプションの「レザーエクスクルーシブパッケージ」装着車では、茶木目の加飾パネルとアーモンドベージュの表皮の組み合わせも選択できる。
「GL350ブルーテック4MATIC」の内装色は黒のモノトーンが標準だが、オプションの「レザーエクスクルーシブパッケージ」装着車では、茶木目の加飾パネルとアーモンドベージュの表皮の組み合わせも選択できる。
シート表皮は人工皮革が標準。「レザーエクスクルーシブパッケージ」を選択すると、本革となる。
シート表皮は人工皮革が標準。「レザーエクスクルーシブパッケージ」を選択すると、本革となる。
シートは2列目、3列目ともに分割格納が可能。3列目については、折り畳む作業も引き起こす作業も電動で行われる。(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)
シートは2列目、3列目ともに分割格納が可能。3列目については、折り畳む作業も引き起こす作業も電動で行われる。(写真をクリックすると、シートアレンジが見られます)
フロントウィンドウに備わる運転支援システムのセンサー。「GLクラス」では、全車にプリクラッシュブレーキや前走車追従機能付きクルーズコントロールが標準装備される。
フロントウィンドウに備わる運転支援システムのセンサー。「GLクラス」では、全車にプリクラッシュブレーキや前走車追従機能付きクルーズコントロールが標準装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
ホームへ戻る