コンセプトモデルを前に挨拶する富士重工業の吉永社長。「これからも、信頼と革新をテーマに商品を提供します」。
ホンダは、電気自動車と軽自動車に注力

スバル、「BRZ」と新型「インプレッサ」をお披露目

富士重工業は、第42回東京モーターショーに、コンセプトモデル「スバル・アドバンスド ツアラー コンセプト」や新型の「スバル・インプレッサ」などを出展。2011年11月30日にプレスブリーフィングを行った。

「スバル・アドバンスド ツアラー コンセプト」のリアビュー。
スバル、BRZと新型インプレッサをお披露目
4代目となる新型「インプレッサ」も日本デビューを果たした。
スバル、BRZと新型インプレッサをお披露目
5ドアの「インプレッサスポーツ」(写真手前)と4ドアセダン「インプレッサG4」のリアビュー。
スバル、BRZと新型インプレッサをお披露目

スバルの「東京モーターショー2011」は、そのアイデンティティたるフラット4の始動音とともに始まった。
大型モニターに刀を鍛える職人の姿や、家族の笑顔、そして世界の道を駆け抜けるスバル車たちが映し出されるなか、富士重工業の吉永泰之代表取締役社長が登壇。「お客様に信頼してもらえる商品を提供しながら、環境に配慮した自動車の普及に努める」という新しいブランドステートメントを宣言したうえで、ショーのメインステージを飾るコンセプトカーやニューモデルを紹介した。

今回同社が主役に据えたのは、コンセプトモデルの「スバル・アドバンスド ツアラー コンセプト」。跳ね上げ式ドアやエッジの利いたエクステリアで個性を主張しながら、排気量をダウンサイジングした1.6リッターターボエンジン、フルフラットになる荷室など、現実的な技術も盛り込まれた“近未来のスポーツワゴン”である。

いっぽうの市販車も、話題には事欠かない。この日は4代目となる新型「インプレッサ」も国内デビューを迎え(発売は12月20日)、ステージに上げられた5ドアの「インプレッサスポーツ」、4ドアの「インプレッサG4」ともに、おびただしい数のフラッシュが浴びせられた。拡大された室内空間や新開発のエンジンなど、同モデルのセリングポイントを紹介する吉永社長も鼻高々だ。

さらにその傍らには、新型のFRスポーツカー「BRZ」が並んだ。先にロサンゼルスオートショーではコンセプトモデル「BRZコンセプト -STI-」が出展されたが、市販モデルはこれが世界初公開となる。「世界でもトップレベルの、重心の低いスポーツカーです。初披露となる今回、ぜひ、みなさまにじっくりとご覧いただきたい」と、吉永社長。

スバルブースには、このほかモータースポーツ部門を担うSTIのコンプリートカー「S206」やレース仕様の「BRZ」も展示され、来場者の注目を集めていた。

(webCG 関)

FRスポーツ「スバルBRZ」。トヨタとの協業で開発された。
スバル、BRZと新型インプレッサをお披露目
こちらは「BRZ」のレーシングカー。大きなフェンダーやリアウイングが目を引く。
スバル、BRZと新型インプレッサをお披露目
コンプリートカー「スバル・インプレッサS206」。開発にあたったSTIは“究極のロードゴーイングカー”とうたう。
スバル、BRZと新型インプレッサをお披露目

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル、ターボエンジンを搭載したBRZを発表【ニューヨークショー2015】 2015.4.2 自動車ニュース STIの事業内容を1台で表現。「スバルBRZ」にターボエンジンのコンセプトカー。
  • スバルSTIパフォーマンス コンセプト 2015.4.2 画像・写真 STIのノウハウがてんこ盛り。「スバルSTIパフォーマンス コンセプト」を紹介。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4... 2017.10.27 試乗記