スズキ・アルトラパン 開発者インタビュー

大事な判断は女性メンバーと共に 2015.06.30 試乗記 スズキ
第一カーライン
チーフエンジニア
課長
河村恭博(かわむら やすひろ)さん

「ガチガチのエンジン屋」(本人談)が、若い女性に人気を博す軽乗用車の開発に挑戦! 3代目となる新型「スズキ・アルトラパン」のチーフエンジニアに、開発の狙いを聞いた。

「なんで私が『ラパン』のチーフエンジニアに?」

――河村さんは、入社から約20年にわたってエンジン開発に携わってこられたそうですね。チーフエンジニアという立場になられて約1年。女性向けの「アルトラパン」(以下、ラパン)を担当することになったときは、どんなお気持ちでしたか?

「なんで私が『ラパン』なんだ?」って思いましたよ(笑)。もう、ガチガチのエンジン屋ですし、ファッションにも疎いですしね。エンジンっていうのは重要な部分ではあるんですが、クルマ全体からすると本当に小さな部品なんですよね。「このクルマはエンジンがいい!」といって買うお客さんも、あまりいないのが現実です。3年前に軽自動車の商品開発チームに来たときは、それこそ(それまでのエンジン開発とは)まったく正反対の世界だと感じました。
でも、人と話すのは結構好きなほうなので、意外と楽しくやらせてもらいました。それに私にファッションセンスがなかったとしても、当然、その専門の責任者が下におりますから、大丈夫なんです。現物を見ていただければ分かりますよね?(笑)

――今回、新型「アルトラパン」を開発するにあたっては、「女性ワーキンググループ」(以下、WG)が活躍したそうですね。

WGは、ラパンに限らず「女性のためのクルマ」を企画するために、市場調査やグループインタビューなどを行う調査チームです。スズキでは5年ほど前からWGが日々集めた情報をストックしておくような体制になりました。今回はラパンのコンセプトづくりにも大きく関わっていますし、デザインやカラー、装備といった部分まで一緒に開発を進めてきました。

以前は、開発の前に調査会社からラパンのための情報を取り、その情報をもとに開発グループがいろんな解釈のなかでコンセプトに当てはめていくという形でものごとを進めていました。ところが、このやり方だと男性陣が咀嚼(そしゃく)することによって、女性メンバーが当初イメージしていたものからズレが生じてしまうのではないか、という不安が出てきました。
そこで今回は、あらゆる決断をする場にWGをはじめとした女性のスタッフに参加してもらって、当初のコンセプトやイメージからズレていないか、開発終了まで彼女たちの意見を強く確認していくことにしたんです。

私の意見がバンバン通っていたら、きっとおかしなクルマになっていたでしょう。結果的に満足のいくクルマにできたのは、いろいろなスタッフの意見を聞こうという体制があったからだと思いますね。

――河村さんに、女性の意見もソフトに受け止める素地(そじ)がおありになるからでは?

全然ソフトじゃないですよっ! 現場では、それはもう悪態つきながら、ギャンギャン言い合ってますよ! ただ、自分が分からない部分については詳しいスタッフに任そうと、そこの線引きだけはしっかりしてきました。分からないのに、分かったふりをするのは一番ダメですよね。私に女心を聞かれたところで、分かるわけないですし(笑)。

軽セダン「アルト」のプラットフォームをベースに、専用デザインのボディーやインテリアを採用した「アルトラパン」。ユーザーの約9割が女性だという。
軽セダン「アルト」のプラットフォームをベースに、専用デザインのボディーやインテリアを採用した「アルトラパン」。ユーザーの約9割が女性だという。
新型「アルトラパン」のインテリア。部屋や家具をモチーフとしたデザインが、各所に用いられている。
新型「アルトラパン」のインテリア。部屋や家具をモチーフとしたデザインが、各所に用いられている。
グリルのエンブレムをはじめ、いたるところにウサギを模した「ラパンマーク」が施されている。
グリルのエンブレムをはじめ、いたるところにウサギを模した「ラパンマーク」が施されている。
ボディーカラーやインテリアの仕様など、多彩なバリエーションも新型「アルトラパン」の特徴。その数は、全グレード合計で52種類にもなるという。
ボディーカラーやインテリアの仕様など、多彩なバリエーションも新型「アルトラパン」の特徴。その数は、全グレード合計で52種類にもなるという。
<プロフィール>
1994年にスズキに入社。約20年にわたりエンジンの開発に携わり、「R06A」型をはじめとする多数の軽自動車用、および小型車用エンジンを手がけてきた。その後、商品開発を担う第一カーラインに異動となり、「スペーシア」の開発に従事。現在は「アルトラパン」のチーフエンジニアを務めている。
<プロフィール>
    1994年にスズキに入社。約20年にわたりエンジンの開発に携わり、「R06A」型をはじめとする多数の軽自動車用、および小型車用エンジンを手がけてきた。その後、商品開発を担う第一カーラインに異動となり、「スペーシア」の開発に従事。現在は「アルトラパン」のチーフエンジニアを務めている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラパンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る