ルノー・キャプチャーに映画祭がテーマの限定車

2015.06.26 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」
「ルノー・キャプチャー カンヌ」

「ルノー・キャプチャー」にカンヌ映画祭がテーマの限定車

ルノー・ジャポンは2015年6月26日、コンパクトクロスオーバーモデル「キャプチャー」に特別仕様車「カンヌ」を設定し、40台限定で発売した。

今回の特別仕様車は、世界3大映画祭のひとつであるカンヌ映画祭のオフィシャルカーをイメージした限定モデルである。ルノーは32年にわたり、同映画祭にオフィシャルカーを提供している。

具体的な仕様としては、キャプチャーの上級グレード「インテンス」をベースに、8インチディスプレイのSDナビゲーションシステムや、FOCAL(フォーカル)製のスピーカー、アイボリー/ブラックのジップシート表皮などを特別装備。また、ボディーサイドにはカンヌ映画祭の公式エンブレムが備わる。

外装色はツートンのみ。「イヴォワール」のボディーに「ノワール エトワール メタリック」のルーフを組み合わせたものと、「ノワール エトワール メタリック」のボディーに「イヴォワール」のルーフを組み合わせたものの2種類が用意される。

価格は289万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー ゼン(FF/6AT)【試乗記】 2014.4.8 試乗記 単なるお買い得仕様にあらず。「ルノー・キャプチャー」のエントリーグレード「ゼン」の、上級グレードとはひと味違う魅力に触れた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
ホームへ戻る