ルノー・キャプチャーに映画祭がテーマの限定車

2015.06.26 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」
「ルノー・キャプチャー カンヌ」

「ルノー・キャプチャー」にカンヌ映画祭がテーマの限定車

ルノー・ジャポンは2015年6月26日、コンパクトクロスオーバーモデル「キャプチャー」に特別仕様車「カンヌ」を設定し、40台限定で発売した。

今回の特別仕様車は、世界3大映画祭のひとつであるカンヌ映画祭のオフィシャルカーをイメージした限定モデルである。ルノーは32年にわたり、同映画祭にオフィシャルカーを提供している。

具体的な仕様としては、キャプチャーの上級グレード「インテンス」をベースに、8インチディスプレイのSDナビゲーションシステムや、FOCAL(フォーカル)製のスピーカー、アイボリー/ブラックのジップシート表皮などを特別装備。また、ボディーサイドにはカンヌ映画祭の公式エンブレムが備わる。

外装色はツートンのみ。「イヴォワール」のボディーに「ノワール エトワール メタリック」のルーフを組み合わせたものと、「ノワール エトワール メタリック」のボディーに「イヴォワール」のルーフを組み合わせたものの2種類が用意される。

価格は289万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る