フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)

コツコツと進化 2015.07.01 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。

あのころ君は輝いていた

トゥアレグのマイナーチェンジをニュースで知り、ちょっと驚いたのがそのラインナップだ。それまでは、3.6リッターV6と、スーパーチャージャー付きの3リッターV6にモーターを組み合わせたハイブリッドの2タイプが展開されていたのが、マイナーチェンジを機に前者のV6一本になったからだ。日本ではこのトゥアレグがフォルクスワーゲンのフラッグシップモデルなのはご存じの通りだが、V8相当のパワーを誇るハイブリッドがカタログ落ちして、V6しか選べなくなったことに寂しさを感じたのだ。

そうはいっても、日本のフォルクスワーゲンの中でV6を積むのは、いまやこのトゥアレグだけ。フラッグシップの面目は保たれているのだが、初代「ポルシェ・カイエン」とともにプレミアムSUVブームを巻き起こした初代トゥアレグは、4.2リッターV8に加えて6リッターW12が限定販売されたり、海外では5リッターV10ディーゼルが用意されていたり。勢いのあった当時を知る者としては、「せめてエンジンくらい選ばせてくれよ……」と思うのである。

ただ、残された3.6リッターV6が個人的に好きなエンジンというのは“不幸中の幸い”だ。エンジンのコンパクト化を図るために、バンク角15度という狭角V型レイアウトを採用したいわゆる「VR6」エンジンは、のちにバンク角が10.6度へとさらに狭められたもので、フォルクスワーゲンのこだわりが詰まっている。しかも、もはや絶滅危惧種ともいえる自然吸気エンジンとなると、活躍の場を残してくれたことに感謝せずにはいられない。

2015年2月に発売された、マイナーチェンジ後の「トゥアレグ」。日本では、ベーシックな「V6」と、レザーシート(写真)ほか装備の充実した「V6アップグレードパッケージ」の2モデルがラインナップされる。
2015年2月に発売された、マイナーチェンジ後の「トゥアレグ」。日本では、ベーシックな「V6」と、レザーシート(写真)ほか装備の充実した「V6アップグレードパッケージ」の2モデルがラインナップされる。
トランスミッションは8段ATのみ。シフトレバーを囲むウォールナット製のデコラティブパネルは、「V6アップグレードパッケージ」ならではの装備だ。
トランスミッションは8段ATのみ。シフトレバーを囲むウォールナット製のデコラティブパネルは、「V6アップグレードパッケージ」ならではの装備だ。
荷室の容量は、標準の状態で580リッター。後席を前方にスライドさせたり倒したりすることで、最大1642リッターにまで拡大できる。用途にあわせて空間を仕切る「ラゲージマネージメントシステム」も備わる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、標準の状態で580リッター。後席を前方にスライドさせたり倒したりすることで、最大1642リッターにまで拡大できる。用途にあわせて空間を仕切る「ラゲージマネージメントシステム」も備わる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
後席は、荷室側面のスイッチ(写真中央)を操作することで、左右別々に畳むことができる。
後席は、荷室側面のスイッチ(写真中央)を操作することで、左右別々に畳むことができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥアレグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る