第102回:ロンドンに続くデス・ロードをX5で駆けぬけろ!
『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』

2015.06.26 エッセイ

車内だけのワンシチュエーション映画

前回の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に続き、またトム・ハーディ主演の作品を取り上げることになってしまった。仕方がないのだ。来週には、さらに『チャイルド44』が公開される。映画界ではトム・ハーディ祭りが開催されているようだ。

『デス・ロード』では荒野でエキセントリックな暴走集団と死闘を繰り広げていたが、この映画でも主人公は絶望的な戦いを強いられる。勝ち目はまったくない。マックスよりもはるかに厳しい状況なのだ。『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』というタイトルは、この作品の内容を正確に示している。上映時間86分のほぼすべてがハイウェイ上のシーンなのだ。スクリーンに映される人物は、ひとりだけである。

限定された舞台で物語が展開するワンシチュエーション映画は、これまでにも数多く作られている。古くは『12人の怒れる男』という名作があった。陪審員たちが密室の中で議論し、父殺しの罪に問われた少年の無実を証明する過程が描かれた。密室は犯罪者に圧倒的有利であり、『シャイニング』や『ミザリー』では逃げ場がないことが恐怖を増幅させた。


外界との接触が不可能に近い飛行機は、密室として純度が高い。『エアポート』シリーズや『フライトプラン』『スネーク・フライト』など、多くの作品が作られている。大自然の中で身動きがとれなくなる話では、『127時間』『キャスト・アウェイ』『オープンウォーター』などがある。大都会の街角に密室を出現させるというアクロバティックな手法を見せたのは『フォーンブース』だ。

自動車の中に舞台が限定されると、密室度はさらに高まる。まさにミニマムな空間であり、映像としては単調になってしまいかねない。『ブレーキ』や『逃走車』といったサスペンス映画が作られているが、『オン・ザ・ハイウェイ』にはさらに困難な条件が加わっている。派手な演出をしようにも、そもそも敵が存在しないのだ。問題を引き起こしたのは、主人公なのである。

(C) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。