クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバルBRZ tS(FR/6MT)

満喫するならサーキット 2015.06.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?

想定外のチューンドカー

2015年6月30日に、スバルテクニカインターナショナル(STI)が新しいスバルBRZのコンプリートカーを出す。その前に公道プレス試乗会があるのだが、どんなクルマなのか、事前に『webCG』編集部が探りを入れても、BRZベースというだけで、それ以上は教えてくれなかったらしい。

STIは4月のニューヨーク自動車ショーに「STIパフォーマンスコンセプト」を出展した。派手なエアロチューニングを施したBRZのコンセプトカーで、その隣にはGT300用の2リッター水平対向4気筒ターボ(EJ20)エンジン単体が展示されていた。
もしかしてだけど、新型STI BRZとはコレなのではあるまいか!? すなわち、BRZ GT300のロードゴーイングバージョン!
勝手な期待を胸に試乗会場へ出掛けると、そこにいたのは想像よりだいぶ控えめなBRZ tSだった。

試乗後、STIの開発スタッフにそんな経緯を打ち明けたら、笑われた。STIパフォーマンスコンセプトは、スバルの主力市場であるアメリカの人たちにまずはSTIを知ってもらうために出したショーモデルであって、今度のBRZ tSとは関係がないという。今回はともかく、ロードゴーイングBRZ GT300に実現の可能性はあるのかどうか? それについても、明確な答えはもらえなかった。

「スバルBRZ tS」は、足まわりを中心にSTIがチューニングを施した特別限定車。同名のモデルは、2年前の2013年8月にも発売されている。
「スバルBRZ tS」は、足まわりを中心にSTIがチューニングを施した特別限定車。同名のモデルは、2年前の2013年8月にも発売されている。
    拡大
チェリーレッドのモールで飾られたフロントグリル。その下方には、アンダースポイラーが添えられる。
チェリーレッドのモールで飾られたフロントグリル。その下方には、アンダースポイラーが添えられる。
    拡大
シートはレカロ製のバケットタイプ。パンチングアルカンターラやレッドステッチを用いた、ロゴ入りの専用品である。サイドエアバッグも備わる。
シートはレカロ製のバケットタイプ。パンチングアルカンターラやレッドステッチを用いた、ロゴ入りの専用品である。サイドエアバッグも備わる。
    拡大
内外装のさまざまなパーツに刻まれたSTIのロゴが、特別仕立てであることを主張する。写真は右フロントのフェンダーガーニッシュ。
内外装のさまざまなパーツに刻まれたSTIのロゴが、特別仕立てであることを主張する。写真は右フロントのフェンダーガーニッシュ。
    拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

腰から下を徹底鍛錬

BRZ tSは2013年8月に発売された、同名の限定モデルの“おかわり”である。前回は約7カ月の期間限定受注で、最大500台だったが、今度は今年10月12日までの受け付けで、300台。前回が444台にとどまったという事情を受けての限定規模だろう。

FRスポーツカーの老舗、「マツダ・ロードスター」が新しくなった。軽自動車の世界でも「ダイハツ・コペン」が出て、「ホンダS660」が加わり、話題を呼んでいる。なんとなくスポーツカーがキテイルいま、BRZのプレゼンスをもう一度、高めておきたい。復活 tSにはそんな意図も見え隠れする。

tSの名が示すとおり、エンジンを始めとする動力系には手が加えられていない。そのかわり、サスペンションチューニングからドライブシャフトの大径化まで、腰から下にはSTIの仕事が余すことなく施される。
さらに加えて、ビルシュタインダンパーやフレキシブルVバーなどが新たに備わり、ブレンボのブレーキローターはドリルドディスクにバージョンアップされた。

フレキシブルVバーとは、左右ストラットタワーとバルクヘッドを結ぶスチールのバーで、途中にピロボールを組み込んだ点が新しい。これにより、操舵(そうだ)に対する応答性は30%以上あがり、その一方、微小なステアリング振動は抑制される、というのがSTIの説明だ。
ATモデル(407万1000円)もあるが、試乗会に用意されていたのはMTモデル(399万円)だけだった。

足まわりには、専用のビルシュタイン製サスペンションがおごられる(写真はフロントの倒立式)。これにより、車高はノーマル車比で10mm低くなる。
足まわりには、専用のビルシュタイン製サスペンションがおごられる(写真はフロントの倒立式)。これにより、車高はノーマル車比で10mm低くなる。
    拡大
エンジン本体はノーマルのまま。エンジンルームにも派手なドレスアップはないものの、フロントサス取り付け部とバルクヘッドが、新開発の「フレキシブルVバー」(写真奥)で連結される。
エンジン本体はノーマルのまま。エンジンルームにも派手なドレスアップはないものの、フロントサス取り付け部とバルクヘッドが、新開発の「フレキシブルVバー」(写真奥)で連結される。
    拡大
スチール製の「フレキシブルVバー」は、中間(写真左側、ゴムカバーをずらして露出させた部分)にピロボールが組み込まれている。これにより、軸方向の剛性は確保しながら、曲げやねじりといった力を逃がすことができるという。
スチール製の「フレキシブルVバー」は、中間(写真左側、ゴムカバーをずらして露出させた部分)にピロボールが組み込まれている。これにより、軸方向の剛性は確保しながら、曲げやねじりといった力を逃がすことができるという。
    拡大
リアバンパーもチェリーレッドのモールでドレスアップされている。
リアバンパーもチェリーレッドのモールでドレスアップされている。
    拡大

「911 GT3」を思い出す

筆者は第1弾のBRZ tSに乗った経験がない。そのため、ノーマルBRZとの比較しかできない。試乗といっても、今回はすいたローカル道のみで、コーナーが連続するワインディングロードのようなところも走れなかった。

その範囲で最も印象的だったのは、シャシーの剛性の高さである。商品概要説明でもあった通り、tSのチューニング作法のひとつは、上質な乗り心地で、実際、過去に乗った「インプレッサ」や「レガシィ」のtSでは、そのあたりに納得もさせられたが、BRZ tSはかなりスパルタンに硬い。ミシュランの「パイロットスーパースポーツ」は正直に路面のデコボコを拾うし、ボディーも揺すられる。いかにもシャシー全体が締め上げられている感じだ。新型「911 GT3」の硬さを思い出した。

ステアリングはたしかにクイックである。しかも、重い。「メルセデスAMG GT」のようなスーパースポーツでも、操舵力を軽くする最近のトレンドを考えると、ちょっと古典的な味つけといえる。

エンジンはECUのソフトも含めてノータッチで、200psのパワーをはじめとしてアウトプットはストックのままだ。でも、シャシーがこれだけガッチリしていると、なんだかパワーも少し増えたような気がする。

林間の道を快走する「BRZ tS」。そのドライブシャフトは、ノーマル(直径28mm)に対して4mm太いものが採用されている。「トルクの立ち上がりが鋭くなったように感じられるはず」とは、開発スタッフの弁。
林間の道を快走する「BRZ tS」。そのドライブシャフトは、ノーマル(直径28mm)に対して4mm太いものが採用されている。「トルクの立ち上がりが鋭くなったように感じられるはず」とは、開発スタッフの弁。
    拡大
艶のあるブラック塗装が施された18インチアルミホイール。その奥に、ブレンボ製のドリルドブレーキディスクが見える。
艶のあるブラック塗装が施された18インチアルミホイール。その奥に、ブレンボ製のドリルドブレーキディスクが見える。
    拡大
STIのロゴが入った、専用スポーツメーター。
STIのロゴが入った、専用スポーツメーター。
    拡大
レッドのアクセントにより、大人の遊び心が演出されたインテリア。写真は、AT車のもの。
レッドのアクセントにより、大人の遊び心が演出されたインテリア。写真は、AT車のもの。
    拡大

やりすぎないのも大事

BRZ tSは、「トヨタ86」を混流生産する群馬県矢島工場ではなく、傘下の桐生工業で特別仕立てされる。パトカーや教習車といったスバルの特装車をつくる工場だ。

STIチューンは内装にも及び、新型tSではドアパネルやエアアウトレットやレカロシートに赤いアクセントカラーが入った。やはり新趣向のカーボン調ダッシュパネルの助手席側には「tS LIMITED EDITION 300」と記されたオーナメントが付く。スポーティーだが、抑制のきいたインテリアである。

前回、装着可能だったリアウイングは、オプションでも用意されない。「人気がなかったから」だそうだ。時がたつほど、台数が増えてくるほど魅力的に見えてきたこのボディーに、派手なリアウイングはたしかに似合わない。スバリストはわかっているなあと思う。

そんなことを考えると、BRZ tSの足まわりはもっとコンフォート重視でもよかったのではないか。サーキットランを追求するにはいいかもしれないが、それ以外のステージではちょっとムキになりすぎているような気がする。そっち方面は、来たる(?)ロードゴーイングBRZ GT300におまかせしましょう。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=三浦孝明)

カーボン調のインストゥルメントパネル。助手席側の端には、専用のオーナメントが添えられる。赤いエアコン吹出し口も、専用装備の一つ。
カーボン調のインストゥルメントパネル。助手席側の端には、専用のオーナメントが添えられる。赤いエアコン吹出し口も、専用装備の一つ。
    拡大

リアエンドには、控えめなリップスポイラーが装着される。2013年発売の「BRZ STI tS GT PACKAGE」に見られた大型のドライカーボンリアスポイラーは、今回は設定されない。


    リアエンドには、控えめなリップスポイラーが装着される。2013年発売の「BRZ STI tS GT PACKAGE」に見られた大型のドライカーボンリアスポイラーは、今回は設定されない。
    拡大
リアシートの定員は2人。ごく限られた乗車スペースとなっている。
リアシートの定員は2人。ごく限られた乗車スペースとなっている。
    拡大
「思い通りに操れるハンドリングの楽しさ」と「上質な乗り心地」の両立をコンセプトに掲げる、新型「BRZ STI tS」。ボディーカラーは、専用色のサンライズイエロー(写真)のほか、WRブルーパール、クリスタルホワイトパール、クリスタルブラックシリカがラインナップされている。
「思い通りに操れるハンドリングの楽しさ」と「上質な乗り心地」の両立をコンセプトに掲げる、新型「BRZ STI tS」。ボディーカラーは、専用色のサンライズイエロー(写真)のほか、WRブルーパール、クリスタルホワイトパール、クリスタルブラックシリカがラインナップされている。
    拡大

テスト車のデータ

スバルBRZ tS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4260×1775×1310mm
ホイールベース:2570mm
車重:1240kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:6段MT
最高出力:200ps(147kW)/7000rpm
最大トルク:20.9kgm(205Nm)/6400-6600rpm
タイヤ:(前)225/40ZR18 92Y/(後)225/40ZR18 92Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:--km/リッター
価格:399万円/テスト車=399万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:1433km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

スバルBRZ tS
スバルBRZ tS
    拡大
フロントシートには、「STI」と「RECARO」のエンボス加工が施されている。
フロントシートには、「STI」と「RECARO」のエンボス加工が施されている。
    拡大
真紅のエンジンスタートボタンもSTIのロゴ入り。
真紅のエンジンスタートボタンもSTIのロゴ入り。
    拡大
トランクルーム。後席を前方に倒すことで、積載容量を拡大できる。
トランクルーム。後席を前方に倒すことで、積載容量を拡大できる。
    拡大

関連キーワード:
BRZスバル試乗記

あなたにおすすめの記事