スバルBRZ tS(FR/6MT)

満喫するならサーキット 2015.06.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?

想定外のチューンドカー

2015年6月30日に、スバルテクニカインターナショナル(STI)が新しいスバルBRZのコンプリートカーを出す。その前に公道プレス試乗会があるのだが、どんなクルマなのか、事前に『webCG』編集部が探りを入れても、BRZベースというだけで、それ以上は教えてくれなかったらしい。

STIは4月のニューヨーク自動車ショーに「STIパフォーマンスコンセプト」を出展した。派手なエアロチューニングを施したBRZのコンセプトカーで、その隣にはGT300用の2リッター水平対向4気筒ターボ(EJ20)エンジン単体が展示されていた。
もしかしてだけど、新型STI BRZとはコレなのではあるまいか!? すなわち、BRZ GT300のロードゴーイングバージョン!
勝手な期待を胸に試乗会場へ出掛けると、そこにいたのは想像よりだいぶ控えめなBRZ tSだった。

試乗後、STIの開発スタッフにそんな経緯を打ち明けたら、笑われた。STIパフォーマンスコンセプトは、スバルの主力市場であるアメリカの人たちにまずはSTIを知ってもらうために出したショーモデルであって、今度のBRZ tSとは関係がないという。今回はともかく、ロードゴーイングBRZ GT300に実現の可能性はあるのかどうか? それについても、明確な答えはもらえなかった。

「スバルBRZ tS」は、足まわりを中心にSTIがチューニングを施した特別限定車。同名のモデルは、2年前の2013年8月にも発売されている。
「スバルBRZ tS」は、足まわりを中心にSTIがチューニングを施した特別限定車。同名のモデルは、2年前の2013年8月にも発売されている。
チェリーレッドのモールで飾られたフロントグリル。その下方には、アンダースポイラーが添えられる。
チェリーレッドのモールで飾られたフロントグリル。その下方には、アンダースポイラーが添えられる。
シートはレカロ製のバケットタイプ。パンチングアルカンターラやレッドステッチを用いた、ロゴ入りの専用品である。サイドエアバッグも備わる。
シートはレカロ製のバケットタイプ。パンチングアルカンターラやレッドステッチを用いた、ロゴ入りの専用品である。サイドエアバッグも備わる。
内外装のさまざまなパーツに刻まれたSTIのロゴが、特別仕立てであることを主張する。写真は右フロントのフェンダーガーニッシュ。
内外装のさまざまなパーツに刻まれたSTIのロゴが、特別仕立てであることを主張する。写真は右フロントのフェンダーガーニッシュ。
関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る