スバルBRZ tS(FR/6MT)

満喫するならサーキット 2015.06.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?

想定外のチューンドカー

2015年6月30日に、スバルテクニカインターナショナル(STI)が新しいスバルBRZのコンプリートカーを出す。その前に公道プレス試乗会があるのだが、どんなクルマなのか、事前に『webCG』編集部が探りを入れても、BRZベースというだけで、それ以上は教えてくれなかったらしい。

STIは4月のニューヨーク自動車ショーに「STIパフォーマンスコンセプト」を出展した。派手なエアロチューニングを施したBRZのコンセプトカーで、その隣にはGT300用の2リッター水平対向4気筒ターボ(EJ20)エンジン単体が展示されていた。
もしかしてだけど、新型STI BRZとはコレなのではあるまいか!? すなわち、BRZ GT300のロードゴーイングバージョン!
勝手な期待を胸に試乗会場へ出掛けると、そこにいたのは想像よりだいぶ控えめなBRZ tSだった。

試乗後、STIの開発スタッフにそんな経緯を打ち明けたら、笑われた。STIパフォーマンスコンセプトは、スバルの主力市場であるアメリカの人たちにまずはSTIを知ってもらうために出したショーモデルであって、今度のBRZ tSとは関係がないという。今回はともかく、ロードゴーイングBRZ GT300に実現の可能性はあるのかどうか? それについても、明確な答えはもらえなかった。

「スバルBRZ tS」は、足まわりを中心にSTIがチューニングを施した特別限定車。同名のモデルは、2年前の2013年8月にも発売されている。
「スバルBRZ tS」は、足まわりを中心にSTIがチューニングを施した特別限定車。同名のモデルは、2年前の2013年8月にも発売されている。
チェリーレッドのモールで飾られたフロントグリル。その下方には、アンダースポイラーが添えられる。
チェリーレッドのモールで飾られたフロントグリル。その下方には、アンダースポイラーが添えられる。
シートはレカロ製のバケットタイプ。パンチングアルカンターラやレッドステッチを用いた、ロゴ入りの専用品である。サイドエアバッグも備わる。
シートはレカロ製のバケットタイプ。パンチングアルカンターラやレッドステッチを用いた、ロゴ入りの専用品である。サイドエアバッグも備わる。
内外装のさまざまなパーツに刻まれたSTIのロゴが、特別仕立てであることを主張する。写真は右フロントのフェンダーガーニッシュ。
内外装のさまざまなパーツに刻まれたSTIのロゴが、特別仕立てであることを主張する。写真は右フロントのフェンダーガーニッシュ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】NEW 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る