マツダは「スカイアクティブ」技術でアピール【東京モーターショー2011】

2011.11.30 自動車ニュース
「東2ホール」にあるマツダブース。
マツダは次世代技術「スカイアクティブ」をプッシュ【東京モーターショー2011】

【東京モーターショー2011】マツダは次世代技術「スカイアクティブ」をプッシュ

マツダは、2011年11月30日のプレスデイで幕開けした第42回東京モーターショーに、新型SUV「CX-5」などを出展した。

ブリーフィングに登壇した山内 孝代表取締役会長・社長兼CEO。
ブリーフィングに登壇した山内 孝代表取締役会長・社長兼CEO。
山内 孝代表取締役会長・社長兼CEOと「雄(TAKERI)」を囲んでのフォトセッション。
山内 孝代表取締役会長・社長兼CEOと「雄(TAKERI)」を囲んでのフォトセッション。
ワールドプレミアのコンセプトカー「雄(TAKERI)」。(写真下も)
ワールドプレミアのコンセプトカー「雄(TAKERI)」。(写真下も)

「前回の東京モーターショーでスカイアクティブ技術を発表した際は、専門家のみなさんですら半信半疑だった。しかし昨年、プロトタイプに試乗していただいてからは、どうやらマツダは本気らしいと感じてもらえるようになった」。
「今年になって『デミオ』、そして『アクセラ』と一部技術を搭載したモデルの商品化が始まったが、おかげさまで好評。第三のエコカーとして話題になり、スカイアクティブの認知も高まった」。
プレスブリーフィングに登壇した山内 孝代表取締役会長・社長兼CEOは、こう切り出した。そして言葉を続けた。

「スカイアクティブは、どこでもできそうに思える既存の技術の改良。だが技術開発のみならず、生産、販売とあらゆる面にわたる改革は、マツダの会社規模だからこそできた。またロータリーエンジン搭載車の量産化、ロータリーによるルマン参戦、2座オープンのロードスターの市販化など、常識にとらわれることなく、愚直なまでに夢の実現に向けて挑戦してきたマツダのDNAが可能にした」。
口調こそ穏やかだが、自信に満ちたその言葉に込められているように、今回のマツダブースは「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を全面的にプッシュしていた。

メインステージに展示されたのは、ワールドプレミアとなるコンセプトカー「雄(TAKERI)」と、来春発売予定の「CX-5」の国内仕様。「雄」は、「靱(SHINARI)」に始まる、力強く、艶(あで)やかな魂動(こどう)デザインと、新世代クリーンディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」をはじめスカイアクティブ・テクノロジーをすべて採り入れた、マツダが描く新世代セダンの理想形。徹底的にエネルギー効率を追求し、ハイブリッド車なみの燃費と圧倒的な走行性能を両立させた「究極の第三のエコカー」という。

いっぽう「CX-5」は、スカイアクティブ・テクノロジーをフルに導入した初の量産モデルとなるクロスオーバーSUV。SKYACTIV-D 2.2により国内の市販SUVのなかでトップとなるリッターあたり18.6kmの燃費を誇る。


マツダは「スカイアクティブ」技術でアピール【東京モーターショー2011】の画像
来春発売予定の「CX-5」の国内仕様。
来春発売予定の「CX-5」の国内仕様。
マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)- Soul of Motion」を体現したコンセプトカー「靱(SHINARI)」。
マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)- Soul of Motion」を体現したコンセプトカー「靱(SHINARI)」。

2001年に「Zoom-Zoom」のスローガンを掲げてからちょうど10年。以来ぶれることなく、一貫して環境の先にある走る喜びを求めて進化を続けてきたマツダ。今回の東京モーターショーは、その歴史に刻まれる新たな1ページであり、終わりなきチャレンジの通過点だという。

(文と写真=沼田 亨)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。