VWのザ・ビートルに新しいエントリーグレード

2015.06.30 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ベース」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ベース」

VWが「ザ・ビートル」に新しいエントリーグレードを設定

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年6月30日、「ザ・ビートル」に新グレード「ザ・ビートル ベース」を設定し、同年7月7日に発売すると発表した。

「ザ・ビートル ベース」のインテリア。
「ザ・ビートル ベース」のインテリア。
「ザ・ビートル デザイン」
「ザ・ビートル デザイン」

ザ・ビートル ベースは、ブラックのサイドスカートやアウタードアハンドル、ブラックのモノトーン内装、フルホイールキャップ付きスチールホイールなどを採用した新しいエントリーグレードである。ボディーカラーは「トルネードレッド」「ピュアホワイト」「ディープブラックパールエフェクト」「リフレックスシルバーメタリック」の全4色。価格は229万9000円。

他のグレードについても装備の変更や価格改定を行っており、「ザ・ビートル デザイン」ではレインセンサーやオートライトシステム、スマートエントリー&スタートシステムを標準装備としながら、価格をこれまでより4万9000円安い260万円に改定した。また「ザ・ビートル ターボ」では、これまで標準で搭載していたナビゲーションシステムをオプション扱いとする一方で、ダークティンテッドガラスや3連メーター、バイキセノンヘッドランプなどからなる「Coolsterパッケージ」を標準装備化。価格をこれまでより26万6000円安い334万9000円としている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • フォルクスワーゲン、限定車「ザ・ビートル デューン」を発売 2017.6.27 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」が300台限定で発売された。1.4リッターターボエンジンを搭載する「Rライン」をベースに、アンダーガード付き前後バンパーや大型リアスポイラーが装着される。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
ホームへ戻る