新型アウディA4/A4アバントの概要が明らかに

2015.06.30 自動車ニュース
次期「アウディA4」(写真手前)と「A4アバント」。
次期「アウディA4」(写真手前)と「A4アバント」。

新型「アウディA4/A4アバント」の概要が明らかに

独アウディは2015年6月29日、基幹モデル「アウディA4/A4アバント」の次期型について、概要を発表した。

「A4アバント」
「A4アバント」
インテリアの様子。写真は「A4アバント」のもの。
インテリアの様子。写真は「A4アバント」のもの。
「A4アバント」の後席。
「A4アバント」の後席。
「A4アバント」
「A4アバント」
「A4」
「A4」

アウディのA4とA4アバントが、年内にもフルモデルチェンジされる。
エッジの立った低くワイドな「シングルフレームグリル」をフロントに据える新型のボディーサイズは、セダンのA4で全長×全幅×全高=4726(+25)×1842(+16)×1427(±0)mm(※カッコ内は先代モデルとの差)。ホイールベースも12mmプラスの2820mmとなるなど、全体的に、やや大型化されている。
その一方で、車重は最大120kgの軽量化を実現。「このクラスで最も軽いクルマの一つ」と、アウディも胸を張る。

エンジンのラインナップは、1.4リッターガソリンターボが1種類(150hp)で、2リッターガソリンターボが2種類(190hp、252hp)。さらに、2リッターディーゼルターボ(150hp、190hp)と3リッターディーゼルターボ(218hp、272hp)を2種類ずつ加えた、計7種類となっている。後に、天然ガスを燃料にする「g-tron」バージョンも追加される予定。3.7リッター/100km(約27.0km/リッター)の「A4 2.0 TDI ウルトラ」をはじめとする全てのパワーユニットが、すぐれた燃焼効率とスポーティーな出力特性、スムーズなフィーリングを併せ持つという。
トランスミッションは、6段MTと7段Sトロニック。それぞれにFF車と4WD車が設定される。

インテリアは、エアコン吹き出し口の形状を生かした、水平基調のデザインを採用。「アウディ バーチャル コックピット」と呼ばれる、12.3インチLCDディスプレイを使ったメーターパネルや、タブレットのようなデザインの8.3インチモニター、インフォテインメントシステム「MMI」のタッチパッド付きコントローラーなどの特徴的な装備が、コックピットを取り囲む。最新の音声認識システムや、モバイル端末を使ってインターネットを利用するための高速な接続機能も用意されている。
運転支援システムについては、「トラフィックジャム(=交通渋滞)アシスト」付きのストップ&ゴー・アダプティブクルーズコントロールや、リアのクロストラフィックアシストなどが見どころとなる。

新型アウディA4/A4アバントは、ドイツをはじめとする欧州諸国で、2015年秋に発売される。

(webCG)

→新型「アウディA4/A4アバント」のフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る