トヨタがヴィッツに予防安全装備を採用

2015.07.01 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」(オレンジメタリック)
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」(オレンジメタリック)

トヨタが「ヴィッツ」に予防安全装備「Toyota Safety Sense C」を採用

トヨタ自動車は2015年6月30日、コンパクトカー「ヴィッツ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「ヴィッツ1.0ジュエラ」(クリームベージュ)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(クリームベージュ)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(アイスバーグシルバーマイカメタリック)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(アイスバーグシルバーマイカメタリック)
「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」に設定された新しいインテリアカラーの「クリスプアイボリー」。
「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」に設定された新しいインテリアカラーの「クリスプアイボリー」。

■センサーにはレーザーと単眼カメラを使用

今回の改良では、新たに衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を「1.0F“スマートストップパッケージ”」「1.0F」「1.3F」「1.0F“Mパッケージ”」にオプション設定、そのほかのグレードに標準で採用した。

Toyota Safety Sense Cとはセンサーにレーザーと単眼カメラを使用した運転支援システムであり、以下の3種類の機能を備えている。

・衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合はまずドライバーにブザーとディスプレイ表示で注意を喚起。ブレーキが踏まれなかった場合でも、例えば停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避や衝突被害の軽減を支援する。自動ブレーキは約10~80km/hの速度域で作動する。

・レーンディパーチャーアラート
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに注意を促す。

・オートマチックハイビーム
カメラによって対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。

このほかにも、ボディーカラーでは新色の「オレンジメタリック」「クリームベージュ」「アイスバーグシルバーマイカメタリック」を新たに採用。このうち、クリームベージュとアイスバーグシルバーマイカメタリックは「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」の専用色となっている。またインテリアカラーについても、ジュエラの3グレードには専用の新色として「クリスプアイボリー」を設定している。

価格は115万3637円~204万6109円。

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRMN:その走りに期待せよ! 2017.10.27 自動車ニュース 見て楽しむのがモーターショー。とはいえ、クルマはやはり乗って楽しむものである。最初から「これは、売らないナ」と、ピンとくるようでは興ざめだ。そこでコレ。フリーライター鈴木真人のイチ押しは「トヨタ・ヴィッツGRMN」である。
  • コンパニオン名鑑13 2017.10.27 画像・写真 2017年10月25日のプレスデーで幕を開けた第45回東京モーターショー。コンパニオン名鑑では、各ブースでクルマを引き立てる彼女たちの姿を写真で紹介する。東ホールのパイオニアブースから。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル 2013.8.7 自動車ニュース
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記