トヨタがヴィッツに予防安全装備を採用

2015.07.01 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」(オレンジメタリック)
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」(オレンジメタリック)

トヨタが「ヴィッツ」に予防安全装備「Toyota Safety Sense C」を採用

トヨタ自動車は2015年6月30日、コンパクトカー「ヴィッツ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「ヴィッツ1.0ジュエラ」(クリームベージュ)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(クリームベージュ)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(アイスバーグシルバーマイカメタリック)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(アイスバーグシルバーマイカメタリック)
「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」に設定された新しいインテリアカラーの「クリスプアイボリー」。
「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」に設定された新しいインテリアカラーの「クリスプアイボリー」。

■センサーにはレーザーと単眼カメラを使用

今回の改良では、新たに衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を「1.0F“スマートストップパッケージ”」「1.0F」「1.3F」「1.0F“Mパッケージ”」にオプション設定、そのほかのグレードに標準で採用した。

Toyota Safety Sense Cとはセンサーにレーザーと単眼カメラを使用した運転支援システムであり、以下の3種類の機能を備えている。

・衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合はまずドライバーにブザーとディスプレイ表示で注意を喚起。ブレーキが踏まれなかった場合でも、例えば停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避や衝突被害の軽減を支援する。自動ブレーキは約10~80km/hの速度域で作動する。

・レーンディパーチャーアラート
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに注意を促す。

・オートマチックハイビーム
カメラによって対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。

このほかにも、ボディーカラーでは新色の「オレンジメタリック」「クリームベージュ」「アイスバーグシルバーマイカメタリック」を新たに採用。このうち、クリームベージュとアイスバーグシルバーマイカメタリックは「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」の専用色となっている。またインテリアカラーについても、ジュエラの3グレードには専用の新色として「クリスプアイボリー」を設定している。

価格は115万3637円~204万6109円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る