トヨタがヴィッツに予防安全装備を採用

2015.07.01 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」(オレンジメタリック)
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」(オレンジメタリック)

トヨタが「ヴィッツ」に予防安全装備「Toyota Safety Sense C」を採用

トヨタ自動車は2015年6月30日、コンパクトカー「ヴィッツ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「ヴィッツ1.0ジュエラ」(クリームベージュ)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(クリームベージュ)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(アイスバーグシルバーマイカメタリック)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(アイスバーグシルバーマイカメタリック)
「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」に設定された新しいインテリアカラーの「クリスプアイボリー」。
「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」に設定された新しいインテリアカラーの「クリスプアイボリー」。

■センサーにはレーザーと単眼カメラを使用

今回の改良では、新たに衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を「1.0F“スマートストップパッケージ”」「1.0F」「1.3F」「1.0F“Mパッケージ”」にオプション設定、そのほかのグレードに標準で採用した。

Toyota Safety Sense Cとはセンサーにレーザーと単眼カメラを使用した運転支援システムであり、以下の3種類の機能を備えている。

・衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合はまずドライバーにブザーとディスプレイ表示で注意を喚起。ブレーキが踏まれなかった場合でも、例えば停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避や衝突被害の軽減を支援する。自動ブレーキは約10~80km/hの速度域で作動する。

・レーンディパーチャーアラート
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに注意を促す。

・オートマチックハイビーム
カメラによって対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。

このほかにも、ボディーカラーでは新色の「オレンジメタリック」「クリームベージュ」「アイスバーグシルバーマイカメタリック」を新たに採用。このうち、クリームベージュとアイスバーグシルバーマイカメタリックは「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」の専用色となっている。またインテリアカラーについても、ジュエラの3グレードには専用の新色として「クリスプアイボリー」を設定している。

価格は115万3637円~204万6109円。

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る