トヨタがヴィッツに予防安全装備を採用

2015.07.01 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」(オレンジメタリック)
「トヨタ・ヴィッツ1.3F」(オレンジメタリック)

トヨタが「ヴィッツ」に予防安全装備「Toyota Safety Sense C」を採用

トヨタ自動車は2015年6月30日、コンパクトカー「ヴィッツ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「ヴィッツ1.0ジュエラ」(クリームベージュ)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(クリームベージュ)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(アイスバーグシルバーマイカメタリック)
「ヴィッツ1.0ジュエラ」(アイスバーグシルバーマイカメタリック)
「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」に設定された新しいインテリアカラーの「クリスプアイボリー」。
「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」に設定された新しいインテリアカラーの「クリスプアイボリー」。

■センサーにはレーザーと単眼カメラを使用

今回の改良では、新たに衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を「1.0F“スマートストップパッケージ”」「1.0F」「1.3F」「1.0F“Mパッケージ”」にオプション設定、そのほかのグレードに標準で採用した。

Toyota Safety Sense Cとはセンサーにレーザーと単眼カメラを使用した運転支援システムであり、以下の3種類の機能を備えている。

・衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合はまずドライバーにブザーとディスプレイ表示で注意を喚起。ブレーキが踏まれなかった場合でも、例えば停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避や衝突被害の軽減を支援する。自動ブレーキは約10~80km/hの速度域で作動する。

・レーンディパーチャーアラート
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに注意を促す。

・オートマチックハイビーム
カメラによって対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。

このほかにも、ボディーカラーでは新色の「オレンジメタリック」「クリームベージュ」「アイスバーグシルバーマイカメタリック」を新たに採用。このうち、クリームベージュとアイスバーグシルバーマイカメタリックは「1.0ジュエラ“スマートストップパッケージ”」「1.0ジュエラ」「1.3ジュエラ」の専用色となっている。またインテリアカラーについても、ジュエラの3グレードには専用の新色として「クリスプアイボリー」を設定している。

価格は115万3637円~204万6109円。

(webCG)

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
ホームへ戻る