スバルがWRXシリーズを改良、安全装備を強化

2015.07.01 自動車ニュース
「スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight」
「スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight」

スバルが「WRX S4/STI」を一部改良、安全装備を強化

富士重工業は2015年6月30日、「スバルWRX S4/STI」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
スバルがWRXシリーズを改良、安全装備を強化の画像
「WRX STI Type S」
「WRX STI Type S」
今回の改良では、ボディーカラーに新色の「ピュアレッド」が追加された。
今回の改良では、ボディーカラーに新色の「ピュアレッド」が追加された。

今回の改良では、両モデルに後側方警戒支援機能やサイドビューモニター、ハイビームアシスト、アイサイトアシストモニター(WRX S4のみ)などをセットにした「アドバンスドセイフティパッケージ」を新たにオプション設定した。

またWRX S4については、フロントウィンドウの遮音中間膜追加やボディーへの吸音材追加などによって静粛性を向上。「2.0GT EyeSight」ではサスペンションに作動時のフリクションの変動を抑えた新ダンパーを採用することで、乗り心地を改善している。

このほかにも、「S4 2.0GT-S EyeSight」には245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤや電動チルト&スライド式サンルーフをオプションとして採用。また全モデル共通でパワーウィンドウスイッチパネルにクロムメッキの加飾を採用したり、USB電源の出力を1Aから2Aに強化したりといった改良を行っている。

価格は以下のとおり。
・WRX S4 2.0GT EyeSight:334万8000円
・WRX S4 2.0GT-S EyeSight:356万4000円
・WRX STI:379万800円
・WRX STI Type S:411万4800円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.19 試乗記 高性能スポーツセダンの「スバルWRX STI」をベースに、エンジン、制御システム、ボディー、シャシー、内外装と、STIが余すところなく独自の改良を施したコンプリートカー「S207」。400台限定のスペシャルモデルならではの、“ツルシのWRX STI”との違いを明らかにする。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る