スバルがWRXシリーズを改良、安全装備を強化

2015.07.01 自動車ニュース
「スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight」
「スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight」 拡大

スバルが「WRX S4/STI」を一部改良、安全装備を強化

富士重工業は2015年6月30日、「スバルWRX S4/STI」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
スバルがWRXシリーズを改良、安全装備を強化の画像 拡大
「WRX STI Type S」
「WRX STI Type S」 拡大
今回の改良では、ボディーカラーに新色の「ピュアレッド」が追加された。
今回の改良では、ボディーカラーに新色の「ピュアレッド」が追加された。 拡大

今回の改良では、両モデルに後側方警戒支援機能やサイドビューモニター、ハイビームアシスト、アイサイトアシストモニター(WRX S4のみ)などをセットにした「アドバンスドセイフティパッケージ」を新たにオプション設定した。

またWRX S4については、フロントウィンドウの遮音中間膜追加やボディーへの吸音材追加などによって静粛性を向上。「2.0GT EyeSight」ではサスペンションに作動時のフリクションの変動を抑えた新ダンパーを採用することで、乗り心地を改善している。

このほかにも、「S4 2.0GT-S EyeSight」には245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤや電動チルト&スライド式サンルーフをオプションとして採用。また全モデル共通でパワーウィンドウスイッチパネルにクロムメッキの加飾を採用したり、USB電源の出力を1Aから2Aに強化したりといった改良を行っている。

価格は以下のとおり。
・WRX S4 2.0GT EyeSight:334万8000円
・WRX S4 2.0GT-S EyeSight:356万4000円
・WRX STI:379万800円
・WRX STI Type S:411万4800円

(webCG)
 

関連キーワード:
WRX STIWRX S4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(前編) 2017.12.14 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(後編) 2017.12.21 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スバルWRX STI」に試乗する。ドライブトレインや足まわりの熟成が一段と進んだ最新型のフットワークやいかに? 谷口視点でクールに解説する!
ホームへ戻る