第405回:「トリノ・グランプリ」が復活!? これがクルマの街のお祭りだ

2015.07.03 エッセイ

フィアット・クライスラーはアップル?

フィアット クライスラー オートモービルズ(FCA)が2014年、登記上の本社をオランダ・アムステルダムに、税務上の本社を英国ロンドンにそれぞれ移転したことは、イタリア産業界に少なからず衝撃をもたらした。
ちなみに、1920年代末から長年にわたり旧フィアットの本社として機能してきたトリノ・リンゴットの歴史的な本社屋は、現在、フィアット創業家であるアニエッリ家のホールディングカンパニーが使用している。
イタリア税務局のロゼッラ・オルランディ長官は、「極めて残念」とし、ドイツ系自動車メーカーの名前を挙げて、「彼らがドイツを離れることが考えられるだろうか」とコメントした。

しかし、筆者にいわせれば、FCAの決断は、理にかなったものだ。
大西洋をまたぐ、それも成熟産業が、熾烈(しれつ)な戦いで生き残るために、経営コストが低い国を選ぶのは当然であろう。大切なのはアウトプットする商品の魅力である。幸いにして、フィアットによるクライスラーの吸収後に登場したモデルは、以前に企画されたモデルよりも各車のキャラクターを強めている。
クライスラー系ブランドはより米国人ユーザーのマインドに近くなり、フィアット系は先日公開された「アルファ・ロメオ・ジュリア」を見ればわかるように、外国人が求めるイタリア車らしさを強めている。次は「マツダ・ロードスター」をベースとした「フィアット124スパイダー」も控えている。

シナジー効果もある。初のイタリア生産ジープである「レネゲード」は好調な滑り出しで、1~4月の欧州販売で1万7131台(JATO調べ)を記録。ジープブランドのトップに躍り出ている。背景には欧州市場を考えたサイズと、実はジープ好きが多いヨーロッパ人の嗜好(しこう)をくんだことが功を奏したのは明らかだ。

本社をどこに置こうと、生産拠点がどこであろうと、的確な商品企画と高度な品質管理があれば、どこでも人気製品が作れる時代が到来した。まさにアップルの自動車版をFCAは実践しようとしている。

トリノのリンゴット街区にあるフィアットの歴史的な本社屋。現在は、創業家であるアニエッリ一族の持ち株会社が使用している。
ポー河畔・ヴァレンティーノ公園で開催されたイベント「パルコ・ヴァレンティーノ&グラン・プレミオ」でのワンカット。
トリノデザイン社が会場で世界初公開した「ATSワイルドトゥエルヴ コンセプト」。全長×全幅×全高は4.4×2.2×1.2mで、12気筒800psエンジンの搭載を想定したスーパースポーツである。
車両展示に沿うかたちで、食べ物屋台も充実。これはシチリアから来た、ゆでた「ひ臓」のパニーノ屋さん。豪快な塩の振り方を見よ。
ヴァレンティーノ公園は、かつてグランプリレースが行われた場所でもある。これは、最終開催年である1955年の優勝者アルベルト・アスカーリのスターティンググリッド。
6月14日に開催された走行会「グラン・プレミオ」で。サンカルロ広場に真っ先にやって来たのは1954年「ランチア・マリーノ」。ギャラリーの歓喜にコクピットから応えるのは、車両設計者マリーノ・ブランドーリの子息ジジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。