ミツオカ・リューギ、安全装備を充実し発売

2015.07.01 自動車ニュース
2015年4月にオープンしたブランド発信拠点「ミツオカギャラリー麻布」で「リューギ」を披露する、光岡自動車の光岡章夫社長。
2015年4月にオープンしたブランド発信拠点「ミツオカギャラリー麻布」で「リューギ」を披露する、光岡自動車の光岡章夫社長。

「ミツオカ・リューギ」がマイナーチェンジで安全装備充実

光岡自動車は2015年7月1日、ミディアムクラスセダン「Ryugi(リューギ)」にマイナーチェンジを実施し、同年7月3日に発売すると発表した。

「ミツオカ・リューギ ハイブリッド」のエンジンルーム。
「ミツオカ・リューギ ハイブリッド」のエンジンルーム。
ひとつひとつ手作りされるという七宝焼きのエンブレム。
ひとつひとつ手作りされるという七宝焼きのエンブレム。

ミツオカ・リューギは、「トヨタ・カローラ アクシオ/カローラ アクシオ ハイブリッド」をベースに、人目を引く縦型ラジエーターグリルや大型のメッキバンパー、七宝焼のエンブレムなどを用いて、ミツオカが独自の内外装に仕立てたカスタマイズカーである。

今回のマイナーチェンジでは、レーザーレーダーとカメラを用いた、以下の予防安全装備の充実が図られている。(「15DX」「15DX 4WD」「ハイブリッド」に標準装備、「15ST」「15ST 4WD」にメーカーオプション)

・衝突回避支援
衝突の危険がある場合、ドライバーへの警告と自動ブレーキの2段階で衝突回避を支援するシステム。自動ブレーキは約10~80km/hで作動し、約30km/h減速する。

・車線逸脱アラーム
道路上の車線をカメラが認識、約50km/h以上の速度で走行中に車線から逸脱しそうになると、アラーム音とディスプレイ表示でドライバーに警告する。

・オートマチックハイビーム
対向車のヘッドライトや先行車のテールランプをカメラで認識し、自車のハイビームとロービームを自動で切り替える。

・先行車発進告知機能
信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ディスプレイ表示とアラーム音でドライバーに知らせる。

さらに、シフト操作時における急発進を抑制する「ドライブスタートコントロール」(ハイブリッドとCVT車に標準)や、急制動時にハザードランプが自動点滅する「緊急ブレーキシグナル」(全車に標準)も装備される。

ボディーカラーは、従来の「ホワイトパールクリスタルシャイン」「シルバーメタリック」「ブラックマイカ」に、新色「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」を加えた全4色の設定。

ラインナップと価格は以下のとおり。
・15ST(5MT):226万2600円
・15ST(CVT):247万8600円
・15ST 4WD(CVT):259万2000円
・15DX(5MT):259万2000円
・15DX(CVT):278万6400円
・15DX 4WD(CVT):289万9800円
・ハイブリッド(CVT):319万6800円

(webCG)
 

関連キーワード:
リューギミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ、「リューギ」シリーズをマイナーチェンジ 2017.11.9 自動車ニュース 光岡自動車は2017年11月9日、同社のミディアムクラス「リューギ/リューギ ワゴン」にマイナーチェンジを施して発表した。発売は同年11月10日。全車で「Toyota Safety Sense C」を標準装備とした。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ホンダ、「N-ONE」のマイナーチェンジ情報をウェブで先行公開 2017.11.9 自動車ニュース ホンダが、12月にマイナーチェンジを予定している「N-ONE」の情報をウェブで先行公開した。N-ONEは2012年に登場したセダンタイプの軽乗用車で、今回の改良により、「Premium」や「RS」などイメージの異なる4つのモデルが設定されるという。
  • 赤いほろが目印の「マツダ・ロードスターRED TOP」登場 2017.11.10 自動車ニュース
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda S... 2017.11.9 mobileCG