トヨタがポルテ/スペイドの燃費性能を改善

2015.07.01 自動車ニュース
「トヨタ・ポルテX」
「トヨタ・ポルテX」

トヨタが「ポルテ/スペイド」の燃費性能を改善

トヨタ自動車は2015年7月1日、コンパクトカーの「ポルテ」と「スペイド」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「スペイドF」
「スペイドF」

■新開発の「2NR-FKE」エンジンを搭載

今回の一部改良では、1.5リッターFF車のエンジンを変更し、「カローラ」から導入を進めている、アトキンソンサイクルや電動連続可変バルブタイミング機構「VVT-iE」などを備えた「2NR-FKE」を採用した。またFF車についてはアイドリングストップ機能(Stop & Start System)を標準装備化。JC08モード計測で22.2km/リッターの燃費性能を実現した。なお、これまで一部のグレードに設定のあった1.3リッターエンジンを廃止した。

内外装も変更しており、ポルテではラジエーターグリルにグレーメタリックの塗装を採用。内装色「フロマージュ」のインストゥルメントパネル上部とドアトリムオーナメントのさし色をピンクとしたほか、シート表皮の色や柄を変更した。一方スペイドでは、シルバー塗装のフロントグリルを採用したほか、センタークラスターパネルやシート表皮の色、柄を変更した。ボディーカラーは、ポルテが「チェリーパールクリスタルシャイン」「スーパーブライトイエロー」を含む全9色、スペイドが「ボルドーマイカメタリック」「スパイシーカーキパールクリスタルシャイン」を含む全9色となっている。

装備の強化も図っており、両モデルともにデッキサイドグリップやラゲッジルームランプ、照明付きマルチボックス、助手席グローブボックス、天井スピーカー、天井照明付きバニティーミラーなどを追加した。

また、自分のこだわりに合わせて装備を追加できる6つの「セレクトパッケージ」の一部についても、以下の変更を行っている。

・スーパーUVパッケージ
フロントドアガラスのスーパーUVカットガラスにIR(赤外線)カット機能を追加。

・スマートエントリーパッケージ
オート電動格納式ドアミラーを追加。

・ドレスアップパッケージ
新たに専用デザインのアナログ式センターメーターを採用。ポルテではホイールにスーパークロムメタリック塗装樹脂フルキャップを装着。スペイドではフロントグリルとドアミラーにメッキ加飾を追加。

価格とラインナップは両モデル共通で、以下のとおり。

・V:163万5709円(FF)
・X:170万7382円(FF)/186万7418円(4WD)
・Y:176万9237円(FF)/192万437円(4WD)
・F:175万8437円(FF)/190万9637円(4WD)
・G:186万1527円(FF)/201万2727円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
ポルテスペイドトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表 2017.9.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月19日、新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。このうち“GR”モデル1車種と“GRスポーツ”モデル6車種を同日に発売した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る