専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場

2015.07.01 自動車ニュース
「トヨタ・ポルテF“a la mode Deux”」
「トヨタ・ポルテF“a la mode Deux”」

専用内外装の「トヨタ・ポルテ/スペイド」登場

トヨタ自動車は2015年7月1日、コンパクトカー「ポルテ/スペイド」に特別仕様車「ポルテF“a la mode Deux”(ア ラ モード ドゥ)」「スペイドF“Queen”(クイーン)」を設定し、販売を開始した。


専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場の画像
「スペイドF“Queen”」
「スペイドF“Queen”」

専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場の画像

今回の特別仕様車には、通常はオプション扱いである「スマートエントリーパッケージ」や「スーパーUVカットパッケージ」が標準で装備されるほか、取り外して丸洗いが可能なファスナー式のウオッシャブルカバーシートや、はっ水タイプのシート表皮などが採用されている。

各車の特徴は以下のとおり。

ポルテF“a la mode Deux”

・内装色は、ベースシートの表皮が「フロマージュ」、インストゥルメントパネル上部とドアトリムオーナメントのさし色が「プラム」という同車専用の組み合わせで、ブラウン塗装のレジスターリングやメッキ加飾のインサイドドアハンドルを採用している。またウオッシャブルカバーシートは、フロマージュを基調にストライプを施したデザインとしている。

・エクステリアでは、ラジエーターグリルと電動格納式リモコンドアミラーにブラウン塗装を、バックドアガーニッシュとアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を採用。ホイールにはパールホワイト塗装の樹脂製フルキャップを装着している。

・ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「チェリーパールクリスタルシャイン」「クリームベージュ」「スーパーブライトイエロー」の全4色。

スペイドF“Queen”

・インテリアではレジスターリング、シフトレバーベゼル、インサイドドアハンドル(運転席、助手席)にメッキ加飾を施すとともに、専用デザインのセンターメーターを採用。内装色は「ブラック」で、標準モデルとは異なり、ルーフトリムやサンバイザーについても同色となっている。またウオッシャブルカバーシートには、ブラックを基調にモノトーンのストライプをあしらったデザインを採用している。

・エクステリアでは、フロントグリルや電動格納式リモコンドアミラー、バックドアガーニッシュ、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すとともに、ホイールにはスーパークロムメタリック塗装の樹脂フルキャップを装着している。

・ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ボルドーマイカメタリック」「スパイシーカーキパールクリスタルシャイン」に、専用色の「ブラック」を加えた全4色。

価格は以下のとおり。

・ポルテF“a la mode Deux”(FF):188万4109円
・ポルテF“a la mode Deux”(4WD):203万5309円
・スペイドF“Queen”(FF):188万4109円
・スペイドF“Queen”(4WD):203万5309円

(webCG)

関連キーワード:
スペイドポルテトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る