専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場

2015.07.01 自動車ニュース
「トヨタ・ポルテF“a la mode Deux”」
「トヨタ・ポルテF“a la mode Deux”」
    拡大

専用内外装の「トヨタ・ポルテ/スペイド」登場

トヨタ自動車は2015年7月1日、コンパクトカー「ポルテ/スペイド」に特別仕様車「ポルテF“a la mode Deux”(ア ラ モード ドゥ)」「スペイドF“Queen”(クイーン)」を設定し、販売を開始した。


専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場の画像 拡大
「スペイドF“Queen”」
「スペイドF“Queen”」
    拡大

専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場の画像 拡大

今回の特別仕様車には、通常はオプション扱いである「スマートエントリーパッケージ」や「スーパーUVカットパッケージ」が標準で装備されるほか、取り外して丸洗いが可能なファスナー式のウオッシャブルカバーシートや、はっ水タイプのシート表皮などが採用されている。

各車の特徴は以下のとおり。

ポルテF“a la mode Deux”

・内装色は、ベースシートの表皮が「フロマージュ」、インストゥルメントパネル上部とドアトリムオーナメントのさし色が「プラム」という同車専用の組み合わせで、ブラウン塗装のレジスターリングやメッキ加飾のインサイドドアハンドルを採用している。またウオッシャブルカバーシートは、フロマージュを基調にストライプを施したデザインとしている。

・エクステリアでは、ラジエーターグリルと電動格納式リモコンドアミラーにブラウン塗装を、バックドアガーニッシュとアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を採用。ホイールにはパールホワイト塗装の樹脂製フルキャップを装着している。

・ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「チェリーパールクリスタルシャイン」「クリームベージュ」「スーパーブライトイエロー」の全4色。

スペイドF“Queen”

・インテリアではレジスターリング、シフトレバーベゼル、インサイドドアハンドル(運転席、助手席)にメッキ加飾を施すとともに、専用デザインのセンターメーターを採用。内装色は「ブラック」で、標準モデルとは異なり、ルーフトリムやサンバイザーについても同色となっている。またウオッシャブルカバーシートには、ブラックを基調にモノトーンのストライプをあしらったデザインを採用している。

・エクステリアでは、フロントグリルや電動格納式リモコンドアミラー、バックドアガーニッシュ、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すとともに、ホイールにはスーパークロムメタリック塗装の樹脂フルキャップを装着している。

・ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ボルドーマイカメタリック」「スパイシーカーキパールクリスタルシャイン」に、専用色の「ブラック」を加えた全4色。

価格は以下のとおり。

・ポルテF“a la mode Deux”(FF):188万4109円
・ポルテF“a la mode Deux”(4WD):203万5309円
・スペイドF“Queen”(FF):188万4109円
・スペイドF“Queen”(4WD):203万5309円

(webCG)

関連キーワード:
スペイドポルテトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
ホームへ戻る