イヴォークに「都会の大人」がテーマの限定車

2015.07.01 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク URBANITE」

「レンジローバー イヴォーク」に「都会の大人」がテーマの限定車

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年7月1日、「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」に特別仕様車「URBANITE (アーバナイト)」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車は、5ドアの「ダイナミック」と「ピュア」の2グレードをベースに、各種オプションパッケージを標準で採用するとともに、グレインレザーのシートなどを装備した限定モデルである。車名の「URBANITE」とは「都市居住者」の意。ジャガー・ランドローバー・ジャパンは同車について「レンジローバー イヴォークの先進的なデザイン、洗練性を際立たせ、その名を体現する都会の大人の雰囲気に仕上げた」と説明している。

具体的な特別装備の内容は以下のとおり。

・「ダイナミック」ベースのモデル
ブラックの20インチアルミホイールやエクステリアパーツなどからなる「ブラックデザイン・パック」と、パノラミックグラスルーフやキーレスエントリー、アダプティブ・キセノンヘッドランプ、パワーテールゲートなどからなる「テクノロジー・パック」を装備。外装色は「サントリーニ・ブラック」と「ユーロン・ホワイト」の2色で、インテリアトリム・フィニッシャーには「テクスチャード・アルミニウム」を採用している。販売台数は各外装色が30台ずつの、合計60台。価格は670万円。

・「ピュア」ベースのモデル
パノラミックグラスルーフや電動調整式フロントシート(運転席10way/助手席8way)、フロントシートヒーター、運転席シートメモリー機能などからなる「ピュア・ラグジュアリー・パック」や、「20インチ スタイル504 アロイホイール」を装備。ボディーカラーは「コリス・グレイ」で、インテリアトリム・フィニッシャーは「サテンブラッシュド・アルミニウム」となっている。販売台数は40台。価格は580万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.11.1 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る