イヴォークに「都会の大人」がテーマの限定車

2015.07.01 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク URBANITE」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク URBANITE」

「レンジローバー イヴォーク」に「都会の大人」がテーマの限定車

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年7月1日、「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」に特別仕様車「URBANITE (アーバナイト)」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車は、5ドアの「ダイナミック」と「ピュア」の2グレードをベースに、各種オプションパッケージを標準で採用するとともに、グレインレザーのシートなどを装備した限定モデルである。車名の「URBANITE」とは「都市居住者」の意。ジャガー・ランドローバー・ジャパンは同車について「レンジローバー イヴォークの先進的なデザイン、洗練性を際立たせ、その名を体現する都会の大人の雰囲気に仕上げた」と説明している。

具体的な特別装備の内容は以下のとおり。

・「ダイナミック」ベースのモデル
ブラックの20インチアルミホイールやエクステリアパーツなどからなる「ブラックデザイン・パック」と、パノラミックグラスルーフやキーレスエントリー、アダプティブ・キセノンヘッドランプ、パワーテールゲートなどからなる「テクノロジー・パック」を装備。外装色は「サントリーニ・ブラック」と「ユーロン・ホワイト」の2色で、インテリアトリム・フィニッシャーには「テクスチャード・アルミニウム」を採用している。販売台数は各外装色が30台ずつの、合計60台。価格は670万円。

・「ピュア」ベースのモデル
パノラミックグラスルーフや電動調整式フロントシート(運転席10way/助手席8way)、フロントシートヒーター、運転席シートメモリー機能などからなる「ピュア・ラグジュアリー・パック」や、「20インチ スタイル504 アロイホイール」を装備。ボディーカラーは「コリス・グレイ」で、インテリアトリム・フィニッシャーは「サテンブラッシュド・アルミニウム」となっている。販売台数は40台。価格は580万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る