プジョーRCZにスポーティーなGTライン登場

2015.07.01 自動車ニュース
「プジョーRCZ GTライン」
「プジョーRCZ GTライン」

「プジョーRCZ」にスポーティーな「GTライン」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年7月1日、2ドアクーペ「RCZ」に新グレード「GTライン」を設定し、販売を開始した。

GTラインはスポーティーな専用パーツが装着されたエクステリアと、各所にレッドステッチが施されたインテリアを特徴とする新グレードである。

主な装備の内容は、以下のとおり。
・「GT Line」エンブレムつき専用フロントグリル
・ダブルエキゾーストパイプ(「RCZ R」タイプ、左ハンドル車に設定)
・19インチアロイホイール“Technical Dark Grey”
・レッドステッチインテリア(ダッシュボード、ステアリングホイール、ブラックナッパレザーシート、センターアームレスト、フロアマット、ドアトリムなど)

ボディーカラーは「パール・ホワイト」「オパール・ホワイト」「ペルラ・ネラ・ブラック」「モロカン・レッド」の全4色。価格は、右ハンドル/6AT仕様が439万5000円、左ハンドル/6MT仕様が466万円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
ホームへ戻る