プジョーRCZにスポーティーなGTライン登場

2015.07.01 自動車ニュース
「プジョーRCZ GTライン」
「プジョーRCZ GTライン」

「プジョーRCZ」にスポーティーな「GTライン」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年7月1日、2ドアクーペ「RCZ」に新グレード「GTライン」を設定し、販売を開始した。

GTラインはスポーティーな専用パーツが装着されたエクステリアと、各所にレッドステッチが施されたインテリアを特徴とする新グレードである。

主な装備の内容は、以下のとおり。
・「GT Line」エンブレムつき専用フロントグリル
・ダブルエキゾーストパイプ(「RCZ R」タイプ、左ハンドル車に設定)
・19インチアロイホイール“Technical Dark Grey”
・レッドステッチインテリア(ダッシュボード、ステアリングホイール、ブラックナッパレザーシート、センターアームレスト、フロアマット、ドアトリムなど)

ボディーカラーは「パール・ホワイト」「オパール・ホワイト」「ペルラ・ネラ・ブラック」「モロカン・レッド」の全4色。価格は、右ハンドル/6AT仕様が439万5000円、左ハンドル/6MT仕様が466万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RCZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る