ホンダ・ステップワゴンG・EX(FF/CVT)

個性の光るミニバン 2015.07.08 試乗記 最新型の「ステップワゴン」に試乗。5代目となったホンダの“5ナンバーミニバン”は、どんな仕上がりを見せるのか? 実際の使い勝手や走りの質を、装備充実のグレードでチェックした。

ドアだけでも感心

2015年4月24日に発表された、ホンダの新型ステップワゴンが売れている。5月末までの受注台数は1万5000台と、5000台/月という販売目標の約3倍。新車効果によるスタートダッシュであることは考慮しなければならないけれど、好調であることは間違いない。
人気の理由を探るべく、「ステップワゴンG・EX」というグレードを借り出した。

エンジンをスタートする前に、新型ステップワゴンのウリである「わくわくゲート」を試してみる。このテールゲートは、上方向にガバッと開くだけでなく、左側の約6割が横方向にも開くのだ。

試してみると、確かに便利。大きなテールゲートを上方向に完全に開けるには、車体後方に約1200mmのスペースが必要だ。一方、横方向に開くのであれば、後方のスペースは760mmほどで足りる。だから後ろに壁が迫る駐車場でテールゲートが開かなくて四苦八苦、なんていう心配がない。

ちなみに、荷室床面は地上から50cmにも満たない低さで、したがってテールゲートを開けて後方から乗り降りするのも容易だ。状況によっては、左右のスライドドアから乗り降りするより安全なケースもあるだろう。
この横開きの“サブドア”は、安全確保のために停車時にしか開閉できない仕組みになっている。

2015年春にデビューした、5代目「ホンダ・ステップワゴン」。全長は先代と同寸ながら、室内はより広く、より便利になったとアピールされる。
2015年春にデビューした、5代目「ホンダ・ステップワゴン」。全長は先代と同寸ながら、室内はより広く、より便利になったとアピールされる。
縦開きのテールゲートは、パネルそのものに横開きのドアが備わる。これにより、ちょっとした荷物の出し入れや、車体後部からの乗り込みが可能となっている。(写真のモデルは著者のサトータケシ氏。身長は180cm)
縦開きのテールゲートは、パネルそのものに横開きのドアが備わる。これにより、ちょっとした荷物の出し入れや、車体後部からの乗り込みが可能となっている。(写真のモデルは著者のサトータケシ氏。身長は180cm)
サイドのスライドドアとリアのハッチゲートを、最大限に開放した状態。スライドドアの開口部は、高さ・幅ともに先代モデルより拡大されている。
サイドのスライドドアとリアのハッチゲートを、最大限に開放した状態。スライドドアの開口部は、高さ・幅ともに先代モデルより拡大されている。
装備充実のグレード「G・EX」は、専用デザインの16インチアルミホイールを装着する。
装備充実のグレード「G・EX」は、専用デザインの16インチアルミホイールを装着する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る