ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)

先駆けワゴンの現在形 2015.07.07 試乗記 「フィット」の名前を捨て、独り立ちした「シャトル」。フィットとの乗り味、使い勝手の違いは? ワゴンならではの魅力を最上級グレードで探った。

“往復便”の意味を持つステーションワゴン

shuttleはもともと機織りで縦糸に横糸を通す杼(ひ)という部品を指す言葉で、それが転じて往復を繰り返すものを意味するようになったそうだ。シャトルバスやスペースシャトルは、人や物を運ぶ往復便である。ホンダにおいては少し違う意味を持ち、小型のステーションワゴンを表している。最初に使われたのは1983年に誕生した「シビックシャトル」だった。

コンパクトカーの「フィット」に追加される形で2011年に「フィットシャトル」としてこの名前が復活し、今回フィットが取れてただの「シャトル」になった。フィットがベースになっているのはもちろんだが、シビックシャトルのDNAを受け継ぐモデルでもあるという。1980年代後半からのRVブームでセダン人気が失速した時、1994年の「オデッセイ」登場までの苦しい時期にシビックシャトルの存在は大きかった。ショートワゴンやセミトールワゴンの先駆けで、ホンダにとっては思い入れのある名前なのだろう。

ステーションワゴンを表す名前は自動車メーカーによって独自のものがあり、アウディは「アバント」、BMWは「ツーリング」と称している。フランス車では、「ブレーク」という言葉が使われていた。ホンダにはシャトルよりもう少し大型の「エアロデッキ」もあったが、今はラインナップされていない。今回のシャトルは「Life Create Wagon」がコンセプトで、荷室の広さと上質な走りが売りなのだという。昨今あまり勢いのないワゴン市場ではあるが、新たな魅力を示せるのだろうか。

インストゥルメントパネルのデザインは、「フィット」をベースとしながらも、ハイデッキセンターコンソールの採用や、ブラック調加飾の追加など、高級感が演出されている。
極細繊維を用いて高密度構造とすることで、スエードを上回る滑らかで柔らかな触感を追求したというシート表皮が使用される。
「フィット」と同様に、後席の座面はチップアップが可能だ。(写真をクリックすると、シートのアレンジが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シャトルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る