クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボ850 T-5Rエステート(FF/4AT)

グッドオールド・ボルボ 2015.07.09 試乗記 1990年代に人気を博したボルボのステーションワゴン「850エステート」。ボルボ・カー・ジャパンがレストアを施した個体の試乗を通し、スクエアなデザインが特徴だった“古き佳き時代”のボルボの魅力に触れた。

可能な限り“新車”に近い姿に

「850 T-5R」は、今秋発売されるボルボの新型ワゴンである。
と、そう書いても、知らない人なら信じてもらえそうなビカモンの850 T-5Rエステートに乗った。1995年型、走行約24万kmの個体をボルボ・カー・ジャパン(以下、ボルボジャパン)がレストアしたものである。
古いボルボのためのレストアプログラムを立ち上げるとともに、今後、ボルボジャパンは認定中古車ならぬ認定大古車をビジネスの柱にしていくことになった。といったような計画が特にあるわけではないが、20年前のクルマでもディーラー整備でここまでのミントコンディションに復元できる、ということをPRするためにつくられた一台である。

ボルボはいま、エンジンラインナップの一新を図っている。資本提携時代のフォードユニットと決別し、新開発の4気筒2リッターを核にした自製エンジンへの切り替えに取り組んでいる。すでに登場しているガソリンエンジンに次いで、2015年はクリーンディーゼルがボルボの目玉になる。

その一方、「丈夫で長持ち」というボルボ古来の価値も忘れてもらっちゃ困るよ、というアピールがこの850 T-5Rエステートである。都内のディーラーに下取りで入ってきたワンオーナー車。それもカーナビすら付いていないフルノーマル車を可能な限り、新車に近づけた。
といっても、2.3リッター5気筒ターボエンジンはまだカクシャクとしたもので、交換したのはタイミングベルトなどの補機類くらいだという。しかし、クリームイエローのボディーには入念な再塗装を施し、内外装の部品も調達できる範囲で新品に替えてある。売りものではないが、トータルで新車の「V60」が買えるくらいのお金がかかっているらしい。

ボルボにとって初の大型FFモデルとして、1991年6月に登場した「850」。ステーションワゴンの「エステート」は1993年2月に追加された。
ボルボにとって初の大型FFモデルとして、1991年6月に登場した「850」。ステーションワゴンの「エステート」は1993年2月に追加された。
    拡大
「T-5R」は240psの2.3リッターターボエンジンを搭載した高性能グレードである。エクステリアについても、専用の外装パーツや17インチアルミホイールなどで差別化が図られていた。
「T-5R」は240psの2.3リッターターボエンジンを搭載した高性能グレードである。エクステリアについても、専用の外装パーツや17インチアルミホイールなどで差別化が図られていた。
    拡大
「850 T-5Rエステート」のインストゥルメントパネル周り。エアコンには左右独立温度調製機能が備わるなど、装備は充実している。
「850 T-5Rエステート」のインストゥルメントパネル周り。エアコンには左右独立温度調製機能が備わるなど、装備は充実している。
    拡大
センターコンソールには、4段ATのシフトセレクターや、走行モードの切り替えスイッチ、シートヒーターのスイッチなどが備わっている。
センターコンソールには、4段ATのシフトセレクターや、走行モードの切り替えスイッチ、シートヒーターのスイッチなどが備わっている。
    拡大

ボルボ史上、最も体育会系

“いまの人”は、ボルボを「カッコいいクルマ」と思っているかもしれないが、ひと昔前まで、ボルボは「四角いクルマ」だった。
1991年に登場した大型ボルボ初のFF車、「850」は、四角いボルボ時代の最後のクルマである。このころの日本での併売モデルは「240」「740」「760」「940」「960」。いずれも筋金入りの四角四面野郎である。そのなかで、新人の850は、鋭いエッジと微妙な面の張りを際立たせた、いわばカッコいい四角四面が特徴だった。カッコに目覚めたスクエアデザインである。

横置きされるエンジンは、気筒あたり4バルブの直列5気筒。それまでの3ケタ車名のつくりからわかるとおり、2ケタ目の5は気筒数を表していた。
1995年に追加発表されたT-5Rは、シリーズを通して最も硬派な高性能モデルである。2.3リッターターボのブースト圧を上げ、チップチューンを加えて240psを得た。排気量は2319ccだから、リッター100ps達成である。
サスペンションを固め、ボディーにエアロチューンを施したT-5Rは、セダンとワゴンの両方に用意され、ボルボとしては久しぶりのMTモデルも国内販売された。発売時の価格は、セダンが585万円、ワゴンが605万円(いずれもATは10万円高)だった。

この当時、ボルボは850で英国ツーリングカー選手権(BTCC)に参戦し、ワゴンも走らせていた。テールの重いステーションワゴンは、重量バランス的に決してベターとは思えないが、それがまた話題を呼び、人気を集めた。BTCCボルボを想起させるT-5Rのイメージリーダーもワゴンだろう。
こうして振り返ると、ボルボ史上、最も体育会系だったのが850 T-5Rである。

四角張ったスタイリングが目を引く「ボルボ850エステート」。ボディーは全長×全幅×全高=4710×1760×1460mmと、現代のクルマと比べて細長い形状となっている。
四角張ったスタイリングが目を引く「ボルボ850エステート」。ボディーは全長×全幅×全高=4710×1760×1460mmと、現代のクルマと比べて細長い形状となっている。
    拡大
シートは本革とスエードのコンビタイプ。側面衝突時の衝撃を軽減するSIPS(Side Impact Protection System)バッグという装備が採用されていた。
シートは本革とスエードのコンビタイプ。側面衝突時の衝撃を軽減するSIPS(Side Impact Protection System)バッグという装備が採用されていた。
    拡大
6:4の分割可倒式リアシート。3席すべてに3点式シートベルトが備わっている。
6:4の分割可倒式リアシート。3席すべてに3点式シートベルトが備わっている。
    拡大
テールゲートに備わる「T-5R」のバッジ。
テールゲートに備わる「T-5R」のバッジ。
    拡大

往年のボルボの“味”がする

自分の試乗メモを調べたら、最後に850 T-5Rに乗ったのは10年前だった。輸入中古車誌『UCG』の取材で借りた1995年型、走行6.4万kmの個体である。それと比べると、ボルボジャパンが復元したこの1995年型は当然、程度のよさではるかに差をつけるが、それでも、2015年に走ってみた印象をひとことで言えば、「古き佳きボルボ」である。

最近の電動ステアリングに比べると、ハンドルは重い。徹底した整備が加えられていても、2.3リッター5気筒ターボは今のスポーツエンジンほどシャープではないし、新車当時から明らかにセダンのほうが高かったワゴンボディーの剛性感には衰えもみられる。硬いサスペンションとヨンマルのタイヤがもたらす乗り心地は、荒れた舗装路へ行くとドタバタ系だ。

そうしたところにいちいち設計年次の古さは隠せない。だが、四角四面時代のボルボ、つまり100%ボルボ資本だったころのボルボは、どんなクルマに乗っても、新車の時からそんなに「最新の機械!」という感じはしなかった。自分の首を締めるほど、いいクルマとして突き詰めていないところが、乗るとホッとするボルボの“味”を生んでいたし、まさにそこがボルボのよさだった。

高出力のターボエンジンやスポーツサスペンションなどが採用された「T-5R」。ボルボ・カー・ジャパンによるレストアでは、内外装やパワートレインのリフレッシュに加え、足まわりについてもコイルやダンパーなどの交換が行われている。
高出力のターボエンジンやスポーツサスペンションなどが採用された「T-5R」。ボルボ・カー・ジャパンによるレストアでは、内外装やパワートレインのリフレッシュに加え、足まわりについてもコイルやダンパーなどの交換が行われている。
    拡大
「T-5R」に搭載される2.3リッター直5ターボエンジン。「T-5」用のエンジンをベースに専用のチューニングを施したもので、最高出力は15psアップの240psを発生した。
「T-5R」に搭載される2.3リッター直5ターボエンジン。「T-5」用のエンジンをベースに専用のチューニングを施したもので、最高出力は15psアップの240psを発生した。
    拡大
「T-5R」専用の17インチ5スポークアルミホイール。テスト車のタイヤは205/45R17サイズの「ピレリPゼロ ネロ」だった。
「T-5R」専用の17インチ5スポークアルミホイール。テスト車のタイヤは205/45R17サイズの「ピレリPゼロ ネロ」だった。
    拡大

四角いボディーのすばらしさ

もうひとつ、ビカモンT-5Rワゴンに乗って感じた温故知新は、四角四面のありがたみである。
1760mmの全幅も、1460mmの全高も、いまのV60より小ぶりなのだが、乗り込むと850 ははるかにルーミーに感じられる。スクエアデザインと、低いウエストラインがもたらす大きなグラスエリアのおかげである。運転席からはボンネットが隅々まで見渡せるから、狭いところでの取り回しもいい。四角四面って、ドライバーフレンドリーなのだなあとあらためて感じた。FFなのに小回りが利いたのも、850の美点だった。

限られたサイズで、最大の容積を得るには、四角四面の箱が一番いい。テールゲートを開けると、850エステートの荷室はかるくのけぞるほど広い。現行ボルボのフルサイズステーションワゴン「V70」と比べても、850の荷室幅は13cmも広い(実測)のである。全幅はV70(1890mm)のほうが13cmも広いくせに。

24万km台のオドメーターをまた214km進ませてもらうと、トリップコンピューターの平均燃費表示には14.7の数字が出ていた。グッドオールドT-5R、燃費もやるな! と思うのは早とちりで、これは当時ヨーロッパ車では一般的だった100kmあたりの燃料消費量である。計算すると6.8km/リッターだった。「燃費のボルボ」というイメージを加速させるのは2015年のこれからである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)

スクエアなボディー形状や大きなグラスエリアにより、ボディーの見切りはいい。
スクエアなボディー形状や大きなグラスエリアにより、ボディーの見切りはいい。
    拡大
広くスクエアな形状の「850エステート」のラゲッジルーム。リアシートに加え、助手席の背もたれにも可倒機構が備わっていた。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
広くスクエアな形状の「850エステート」のラゲッジルーム。リアシートに加え、助手席の背もたれにも可倒機構が備わっていた。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
    拡大
リアシートの中央席に備えられた、格納式の「インテグレーテッド・チャイルド・クッション」。体の小さな子供を、3点式シートベルトが効果的に着用できる高さに座らせるための機構で、「850」で初めて採用された。
リアシートの中央席に備えられた、格納式の「インテグレーテッド・チャイルド・クッション」。体の小さな子供を、3点式シートベルトが効果的に着用できる高さに座らせるための機構で、「850」で初めて採用された。
    拡大

ボルボ850 T-5Rエステート(FF/4AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ボルボ850 T-5Rエステート

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1760×1460mm
ホイールベース:2665mm
車重:1520kg
駆動方式:FF
エンジン:2.3リッター直5 DOHC 20バルブ ターボ
トランスミッション:4AT
最高出力:240ps(176kW)/5600rpm
最大トルク:30.6kgm(300Nm)/2000-5600rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88V/(後)205/45R17 88V(ピレリPゼロ ネロ)
燃費:8.2km/リッター(10・15モード)
価格:615万円(1995年当時)/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:1995年型
テスト開始時の走行距離:24万205km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:214.2km
使用燃料:30.2リッター
参考燃費:7.1km/リッター(満タン法)/14.7リッター/100km(約6.8km/リッター、車載燃費計計測値)
 

ボルボ850 T-5Rエステート
ボルボ850 T-5Rエステート 拡大

関連キーワード:
ボルボ輸入車その他試乗記

あなたにおすすめの記事