ボルボ850 T-5Rエステート(FF/4AT)

グッドオールド・ボルボ 2015.07.09 試乗記 1990年代に人気を博したボルボのステーションワゴン「850エステート」。ボルボ・カー・ジャパンがレストアを施した個体の試乗を通し、スクエアなデザインが特徴だった“古き佳き時代”のボルボの魅力に触れた。

可能な限り“新車”に近い姿に

「850 T-5R」は、今秋発売されるボルボの新型ワゴンである。
と、そう書いても、知らない人なら信じてもらえそうなビカモンの850 T-5Rエステートに乗った。1995年型、走行約24万kmの個体をボルボ・カー・ジャパン(以下、ボルボジャパン)がレストアしたものである。
古いボルボのためのレストアプログラムを立ち上げるとともに、今後、ボルボジャパンは認定中古車ならぬ認定大古車をビジネスの柱にしていくことになった。といったような計画が特にあるわけではないが、20年前のクルマでもディーラー整備でここまでのミントコンディションに復元できる、ということをPRするためにつくられた一台である。

ボルボはいま、エンジンラインナップの一新を図っている。資本提携時代のフォードユニットと決別し、新開発の4気筒2リッターを核にした自製エンジンへの切り替えに取り組んでいる。すでに登場しているガソリンエンジンに次いで、2015年はクリーンディーゼルがボルボの目玉になる。

その一方、「丈夫で長持ち」というボルボ古来の価値も忘れてもらっちゃ困るよ、というアピールがこの850 T-5Rエステートである。都内のディーラーに下取りで入ってきたワンオーナー車。それもカーナビすら付いていないフルノーマル車を可能な限り、新車に近づけた。
といっても、2.3リッター5気筒ターボエンジンはまだカクシャクとしたもので、交換したのはタイミングベルトなどの補機類くらいだという。しかし、クリームイエローのボディーには入念な再塗装を施し、内外装の部品も調達できる範囲で新品に替えてある。売りものではないが、トータルで新車の「V60」が買えるくらいのお金がかかっているらしい。

ボルボにとって初の大型FFモデルとして、1991年6月に登場した「850」。ステーションワゴンの「エステート」は1993年2月に追加された。
「T-5R」は240psの2.3リッターターボエンジンを搭載した高性能グレードである。エクステリアについても、専用の外装パーツや17インチアルミホイールなどで差別化が図られていた。
「850 T-5Rエステート」のインストゥルメントパネル周り。エアコンには左右独立温度調製機能が備わるなど、装備は充実している。
センターコンソールには、4段ATのシフトセレクターや、走行モードの切り替えスイッチ、シートヒーターのスイッチなどが備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。