「水野和敏的視点」 vol.107 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)

2015.07.03 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.107 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。前回に続き、今回も新型「フォード・マスタング」に試乗する。


「水野和敏的視点」 vol.107 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.107 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.107 フォード・マスタング 50 YEARS EDITION(後編)の画像
フォード・マスタング 50 YEARS EDITION
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4790×1920×1380mm/ホイールベース:2720mm/車重:1660kg/駆動方式:FR/エンジン:2.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:314ps/5500rpm/最大トルク:44.3kgm/3000rpm/タイヤ:(前)255/40ZR19 (後)255/40ZR19/車両本体価格:465万円
フォード・マスタング 50 YEARS EDITION
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4790×1920×1380mm/ホイールベース:2720mm/車重:1660kg/駆動方式:FR/エンジン:2.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:314ps/5500rpm/最大トルク:44.3kgm/3000rpm/タイヤ:(前)255/40ZR19 (後)255/40ZR19/車両本体価格:465万円

■足まわりは欧州車のようだ

一見レトロな外観とは裏腹に、“21世紀のクルマ”に脱皮した最新マスタング。足まわりもその例に漏れず、フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクと、いよいよ四輪独立懸架に進化しました。

実際にステアリングホイールを握って走ってみると、アシはいかにも“今風”です。セッティングは柔らかめで、路面の凹凸などはタンタン……と軽くいなします。だからといって、変によれたりもしません。旋回時はロールがきれいに抑えられていて、4輪がきっちりと接地します。また、乗り心地に“角感”はなく、適度に引き締まっています。これはもう欧州車のアシといっていいのではないでしょうか。

細かいことをいうと、ボディーの途中、後席の前あたりのサイド部分に、ちょっと弱いところがありますね。新型マスタングは足まわりがすごくよくなっていて、前後のバランスもいいのですが、コーナリング中にリアが粘っているときに、その部分がわずかにねじれてしまっているようです。

もっとも、それは全体の完成度からいったらささいなことにすぎません。僕はこの新型マスタングを、「リタイアしたら、買おうかな?」と考えたほど気に入っています。(づつく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=藤井元輔)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
ホームへ戻る