ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(4WD/7AT)

柔よく剛を制す 2015.07.10 試乗記 ランボルギーニのミドルクラス・スーパースポーツカー「ウラカン」に富士スピードウェイで試乗。5.2リッターV10エンジンが610psを解き放った時、“猛牛”はいかなる走りを見せるのだろうか。

電子制御の進化に注目

ランボルギーニ・ジャパンが顧客向けに開催するサーキットプログラムに参加した。試乗車であるウラカンそのものに特別な変更は見られないが、富士スピードウェイという国際レーシングコースでその動力性能を経験できる貴重な機会であった。

プログラムのメニューは、パイロンを用いたハンドリングチェックと、レーシングコースの通常走行からなる2部構成となっていた。
まずは2コーナーからの直線を使ったパイロンスラローム。ここではノーマルモードである「ストラーダ」とレースモードの「コルサ」(スタビリティーシステムはオン)の違いを見た。その後、コカコーラ・コーナーから100Rまで並べられたパイロンをトレースしながら、旋回ブレーキでウラカンのスタビリティーチェックをしてヘアピンに入るという、マニアックなハンドリングチェックセクションが用意されていた。もっとも、これは先導車の速度が遅く、テストとしては“不発”に終わってしまったが……。安全のためには致し方なしである。
その後は、先導車に従いながらレーシングコースを2周(ストレート1本)する通常走行が2本という内容である。この走行と、筆者の経験を踏まえて今回はウラカンを分析してみようと思う。

前身である「ガヤルド」から、このウラカンが一番大きく進化した部分は、何といっても電子制御技術だろう。ガヤルドの登場は今から10年以上前のことであり、この間に進んだ制御技術は驚くべきものである。というよりも、ランボルギーニは脈々と開発してきた新しい技術を、ガヤルドに少しずつでも投入してこなかったことの方が不思議というべきかもしれない。

確かにガヤルドは、そうせずとも10年という歳月を乗り切れるだけ、基本骨格がしっかりした一台だったと思うが、ここにきてランボルギーニは、一気にウラカンで進化を爆発させてきたのである。

富士スピードウェイのピットレーンで“出番”を待つ「ウラカン」。試乗の舞台はおなじみ富士スピードウェイのレーシングコース。
富士スピードウェイのピットレーンで“出番”を待つ「ウラカン」。試乗の舞台はおなじみ富士スピードウェイのレーシングコース。
いざコースイン。試乗はインストラクターが操る先導車に続くかたちで行われた。
いざコースイン。試乗はインストラクターが操る先導車に続くかたちで行われた。
今回の走行会は、顧客向けイベント「ランボルギーニ・ウラカン・エスペリエンツァ」の内容に沿うかたちで実施された。
今回の走行会は、顧客向けイベント「ランボルギーニ・ウラカン・エスペリエンツァ」の内容に沿うかたちで実施された。
「エスペリエンツァ」(イタリア語で「体験」の意)はモータースポーツの入門者などを対象にしており、まずはコース上にパイロンを並べ、スラロームやブレーキング、加速など、基本的な挙動をチェックした。
「エスペリエンツァ」(イタリア語で「体験」の意)はモータースポーツの入門者などを対象にしており、まずはコース上にパイロンを並べ、スラロームやブレーキング、加速など、基本的な挙動をチェックした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウラカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る