日産、ゼロエミッションをさらに推進

日産、ゼロエミッションをさらに推進

日産自動車は、第42回東京モーターショーにおいて、前回2009年度と同様、電気自動車(EV)を中心にコンセプトカーなどを出展。2011年11月30日に記者会見を行った。

カルロス・ゴーン社長兼CEO。コンセプトモデル「PIVO3」の運転席でご満悦の様子。
日産、ゼロエミッションをさらに推進
日産の提案するエコ住宅「スマートハウス」。高床式で、1階部分がEVの駐車スペースになっている。
日産、ゼロエミッションをさらに推進
電動スポーツカーのコンセプトモデル「ESFLOW」。
日産、ゼロエミッションをさらに推進

■住まいもレースもEVで

「2011年の東京モーターショーは、例年以上に日本がもつ不屈の精神、日本人の強さを証明するものになります」。
4種類のEVコンセプトとともにひな壇に現れた日産のカルロス・ゴーン社長兼CEOは、3月の大震災を振り返りながらプレゼンテーションを開始した。

2009年のショーでEVを発展・普及させると明言したゴーン氏は、その公約が果たせたことを強調。これまでに2万台の「リーフ」を売り上げ、今後も2016年までにルノー・日産アライアンスとして150万台のEVを販売すると高らかにアナウンスした。

今回の展示も、前回と同様にEVがメイン。ただし一歩進んで、クルマとインフラ双方を交えた進化のかたちが示されていた。

ブースの一角には、10月の技術展「CEATEC JAPAN 2011」にも展示されたエコ住宅「日産スマートハウス」が設けられ、太陽光と燃料電池による発電の様子や、駐車スペースの「リーフ」と電力をやり取りするさまを紹介。さらに、コンセプトEVの目玉となる「PIVO3」では、そのコンパクトなボディーや四輪独立型インホイールモーターがもたらす機動力だけでなく、クルマがひとりでに充電や駐車を行ってくれるという、新しいカーライフも提案された。

このほかメインステージには、3つの観音開きドアをもつ商業用の「タウンポッドEV」や、電動スポーツカー「ESFLOW(エスフロー)」といった、海外のモーターショーで注目を集めたコンセプトモデルも展示されたが、それらとともにブースに並べられたのは、「リーフ」ベースのEVレーシングカー「リーフ ニスモ RC」だった。
「『Z』や『GT-R』を開発した日産は、これからもハイパフォーマンスカーを手がけていきます」と、傍らのゴーン社長。
最後にモータースポーツ部門を担うニスモと、その最新コンセプトモデルである「ジューク nismo コンセプト」も紹介し、エコ一辺倒でない日産をアピール。「すべてのひとにワクワクを提供することを目指していきます」と、力強くプレゼンテーションを締めくくった。

こちらは商用を前提とした「タウンポッド」。車体両側と後部、さらにルーフにも観音開きのドアが備わる。
日産、ゼロエミッションをさらに推進
「ジューク nismo コンセプト」
日産、ゼロエミッションをさらに推進
ユーザーのニーズに合わせて内装を自由にカスタマイズできるワンボックスカー「NV350キャラバン」も展示。2012年の発売が予定されている。
日産、ゼロエミッションをさらに推進

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。